マニア必見!「ジャンボ」の座席が手に入るチャンス!

747
2014年3月までに長い間「ジャンボ」の愛称で老若男女様々な人から親しまれてきて国内線から引退した全日空のボーイング747。今回、このボーイング747の座席の販売が決定したそうだ。

自宅でも快適なフライト気分を味わえる!?

今回販売されるのは前述したボーイング747で実際に使われていた座席で、全日本空輸のグループ会社が販売するそうだ。
座席のタイプはそれぞれ「プレミアムクラス」で、1人席は3席、2人席は4セットだけとなっていて希少価値の高さからマニア以外からの注目を浴びている。
また、それぞれ座席は、電気が必要な機能の音楽や客室乗務員の呼び出しボタンは使えないが、リクライニングや収納テーブルはそのまま使えるそうだ。自宅に設置して「ジャンボ」での快適なフライト気分が味わえるかもしれない。

気になる値段、販売方法は?

ここで気になるのが値段に販売方法についてだ。
1人席と2人席では値段が異なり、1人席は647,000円、2人席は747,000円となっており、それぞれ税・送料込みとなっての販売価格だ。販売方法については「ANAショッピングA-style」という通販サイトにて申し込みによる抽選で購入者が決まる仕組みとなっているそうだ。申し込み期間は2014年12月25日~2015年2月末となっている。

過去の引退グッズも完売している程の人気。

同サイトを見てみると、過去に「ジャンボ」引退グッズとしてタービンブレードや747機のシートベルトを再利用したバッグなどが販売されていたがそれぞれ完売している。
このことから、ボーイング747の座席も相当な数の申し込みからの抽選が予想される。
一体誰の手に渡るのだろうか。また、現在、グッズは第5弾まであるそうなので何が出てくるのか目を離せない。


関連記事