怪我をしにくい丈夫な体を作るコツ。

怪我をしにくい体を作るコツ怪我をしないためにはどうすれば良いだろうか?

仕事や不規則な食生活から現代人は栄養不足な人が非常に多い。
ちょっとしたことで骨折をしたり、また治りが遅くなったりする。そうならないためにも、適度な運動と栄養不足の解消を意識づけよう。

カルシウム不足は怪我の元。

この寒い季節になると外に出るのも億劫になり、食材を買うためにスーパーへ行かなければならないところをサボってインスタント食品で済ませてしまいがちです。また、家に中に篭って居ると太陽の光も浴びないのでカルシウム不足に陥ってしまいます。
さて、どうしてカルシウム不足は怪我の元となるのでしょうか?答えは血中のカルシウムが不足すると骨が溶け出すからです。溶けて細くなった骨で運動を行うと体が衝撃に耐え切れなくなり骨折などの大きな怪我を引き起こします。

積極的にカルシウムを摂取しよう!

怪我をなくすためには勿論、積極的にカルシウムを摂取するのが重要になってきます。そしてカルシウム摂取に一番良いとされているのは牛乳で、牛乳はカルシウムだけでなくたんぱく質も豊富かつ体への吸収も良い物とされています。

さらに効果的に丈夫な体を作るためには!?

牛乳をただ飲むだけでは効果は薄いので、より吸収率を上げるためにも30分程度で大丈夫なので外に出かけることを意識しましょう。
人間は日光を浴びることにより体内でビタミンDが生成されます。このビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、より効率よく怪我に強い体へとしてくれます。

牛乳が苦手な人は他の物で代用しよう!

カルシウムの摂取に代表的なのは乳製品が挙げられる。その乳製品が苦手という方は、他の物で代用しましょう。
カルシウムが含まれている食品としては、例えばひじき、わかめ、小松菜などが挙げられます。ついつい忘れがちなことだが、少しずつでも将来のために意識づけるようにしましょう。


関連記事

ボランティアのご褒美に老舗旅館を満喫!?静岡の新たな観光方法。

旅館の縁側

旅行は新たな発見や地域の人々との交流が楽しめる。 今、静岡では新たな形の観光が話題になっているようだ。 ボランティアと引換に老舗旅館を満喫できるシステムが伊豆を中心に広がっているようで、参加者が眠っていた地域資源の価値に […]

詳細を見る

老後川柳にネット社会の標語!?

118

知る人ぞ知る様々な公募があるが、今回はネット社会に対しての思いや、とある大会テーマ、そして老後の日に向けた老後川柳を募集したものがある。応募対象年齢は今回も多種多様。自分にあった公募を見つけて応募してみよう。 ネット社会 […]

詳細を見る