選択を迫られるのは50代から!?出世か転職か…!?

部長・次長クラスの人々の年齢は50代である。そして、この50代から、出世を目指すのか転職を目指すのかを迫られることとなる。

職位によって変わる自信。

出世か転職か部長クラスに求められる能力は一般的に、リーダーシップ、政策立案、会社と自分の部署のビジョン、そして部下の管理・指揮能力が求められる職位である。
これらは管理能力があれば経験とともに自信もついていき、ある程度はできるようになってくるものである。もちろん、今までの経験を生かして、それを元に部下を教育もできるものである。しかし、部長以上の取締役や社長などの役員クラスになると管理ではなく会社経営に関することになるので創造性が求められることになる。

したがって、別の仕事になるので今までに培った経験がほとんど生かせなくなる。これにより今まであった自信も失われがちであるようだ。

部長・次長クラスはまだ転職のチャンスがある!?

国民の意識調査によると、部長・次長クラスと課長クラスの愛社世親ほとんど変わらない。

これは部長・次長クラスであれば、まだ転職のチャンスはあると考えているからである。理由としては、前述した通り、役員以上になるとまた別の仕事になることから、今までの経験を生かせる転職の道を選ぶこともできると考えているのだろう。ただ、難しい経営の仕事をすることによってやりがいを感じることもできるので出世を目指す人も勿論いる。

もし転職を考えているなら…。

職場風土の問題点といえば、「社外で通用する人材がいない」という答えがトップとなっている。

このことから、やはり転職をするなら他社が欲しがるような人材でないと厳しいというところだろう。これは例えば、英会話が堪能であったり、ずば抜けて業績の良い部署を自分で作り上げたりしているなどのアピールできるポイントが必要になってくる。

いずれにしても慎重に考えていただきたい。


関連記事