水道代を年間1万円以上節約する裏技!

毎月の光熱費が結構バカにならないなんてことがよくありますね。特に家族が多ければ多いほど顕著に数字として現れるかと思います。その中で、水道代を節約する裏技がありました。
水道代

小さなことをコツコツと。小さな工夫で大きな節約をしよう!

水道代はガスや電気と違って2ヶ月に1回の徴収となるので、ついつい見落としがちではありますが年間で算出すると大きな額になります。少しの工夫をコツコツすることで後で嬉しい結果が待っているかもしれません。

蛇口の全開と半開での差

さて、肝心の節約方法ですが、まずは蛇口からの水。蛇口を全開にして勢いよく使ってしまう癖がある人は半開にして使ってみましょう。
水道代
全開の時は1分間で21リットルも水が流れていきますが、半開の場合はなんと1分間で10リットルとなります。わかりやすく値段で表現すると全開の場合は1分間毎に約5円となりますが、半開の場合は1分間毎に約3円となっております。

食器洗いで15分水を出しっぱなしの際は全開だと約75円、1ヶ月で約2,325円となる。これを半開にして使った場合は1ヶ月使っても約1,395円に抑えることができる。イメージしていただけただろうか。
 

トイレを使う際も工夫を…。

続いてトレイも同じである。
水を「大」で流した場合は約8リットルの水が流れる。「小」の場合は約6リットルとなっている。それぞれ1日10回利用するとして、1日半分ずつだと約6429.6円/年となる。しかし、仮に「小」だけとなると約5356.8円/年となり、年間で約900円の差が出てくる。蛇口の「全開」とトイレの「大」を控えるだけで合計すると約12,000円の節約となる。年間で考えると驚くべき金額になるので節約を考えている方々には試していただきたい。


関連記事

宅配ロッカーが街中に!?利用者の都合の良いときに受け取れる!!

container

インターネットが普及した現代で、スマートフォン(スマホ)を使ってネットショップで通販を楽しむという人が多くなってきた。 家に居ながらにして欲しいものが手軽に購入できる点から急速にネット通販市場は拡大しているが、通販の際に […]

詳細を見る