兵庫県で介護士・看護師の就職相談会実施!誰でも転職相談可能。

兵庫県介護超高齢化社会を迎えている現在、介護士・看護師として就業する労働者は年々増加傾向にあります。平成12年の介護保険制度施行時に約55万人であった介護職員は、10年後の平成22年には133万人を超えており、2.5倍近い急激な伸びを見せています。今後も介護職員数は高まり続けるとされていますが、一方で介護関係の職業における有効求人倍率は平成24年時点でおよそ1.7倍とされており、介護士の需要に対する供給は十分ではありません。

看護師の有効求人倍率も2.8倍近くと極めて高く、介護士・看護師の人材不足は深刻な状況にあるといえます。

「魅力ある職場づくり」への取り組み

兵庫県はこうした状況を受け、人材不足分野における雇用促進の一環として、「魅力ある職場づくり」キャンペーンを実施しています。平成26年度5月時点の兵庫県の有効求人倍率は、介護士(または介護の関連職)で2.1倍、看護師で2.7倍と全国的に見ても高い水準にあります。このような雇用状況を改善し、介護・看護をはじめとする分野での求人求職をマッチングさせる為、7月下旬から兵庫県各地で就職支援イベントが順次開催されています。今後はハローワーク神戸で介護士・看護師を対象とした就職相談(面接)会の開催が決定しており、介護業界への転職を検討する人であれば誰でも参加が可能です。また、事業所の採用担当者と直接面談する場も設けられ、主に神戸市周辺の特養・デイサービス・有料老人ホームなどの介護施設や訪問介護事業所の参加が予定されています。

介護士・看護師は今後も強く必要とされ続ける仕事です。
この機会に、介護業界への就業を検討してみてはいかがでしょうか。
新しい自分を見つけるチャンスかもしれませんよ。

【関連リンク】
[「介護・看護・保育分野の就職相談(面接)会」の開催]兵庫労働局 link
[「魅力ある職場づくり」キャンペーンの実施について]兵庫労働局 link


関連記事

日本における航空事故。

info91

今、マレーシア航空のエアアジア便が目的地のシンガポールに着くまでに救難信号も発信しないまま消息を絶ったとのことでニュースになっている。これで今年3回目の大きな事故ということだが、我が国日本では今まで大きな事故はあったのだ […]

詳細を見る