月々1500円~マットレスレンタル!エアウィーブが寝具レンタル開始。

ベッド

エアーウィーブホールディングス(HD、東京・中央)は寝具のレンタルを11月から始めるとしている。

マットレスパッドなど税別2万5千円からの商品を、月額1500円からレンタル可能にした。

値ごろ感を打ち出すことで使いやすくした。

 

新品をレンタル!睡眠診断アプリから誘客も。

同社は新品のマットレスパッドや敷布団300枚を数量限定でレンタルを行う。

枕や布団も選べるようにしている。

主力商品の「エアウィーブ」を購入すると税別6万円となるが、月額レンタルの場合は同4千円からとなっており導入しやすい値段を打ち出している。

今回は契約期間を1年からにして価格を抑えており、旅行先での利用を見越した短期契約のサービスも検討している。

今後はレンタルで商品を使っている会員にアプリを通じて睡眠のアドバイスを行うなど、アプリと連動させる計画だ。

既に睡眠診断アプリは配信されており、アプリからはレンタルサービスをプッシュ通知で告知するとしている。

店舗には寝具の購入を決めた顧客しかこないのが難点だが、アプリから知らせることで潜在顧客を誘導する狙いのようだ。

高額な商品となるためなかなか購入に踏み切れなかった消費者でも、格安料金でレンタルできることから、新規顧客獲得に繋がると期待されている。

インターネットやスマートフォン(スマホ)の普及から、様々な分野でレンタルサービスが広がっており、寝具も今後は所有するものから体験するものに変わっていくのかもしれない。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

春一番ってなんで台風や木枯らしのように「○号」ではないのか?

134

台風8号、木枯らし1号などと、台風や木枯らしについては「○号」とつけられるのに対し、春一番はどうして「○番」なのだろうか。 春一番って? さて、先ほどの答えですが、木枯らし1号は気象庁の職員が作った言葉であり、台風でも馴 […]

詳細を見る