ラグジュアリーなキャンプ「グランピング」のような結婚披露宴。

テラスとシャンパン

屋上緑化大手の東邦レオ(大阪市)は結婚式場と組んで、ラグジュアリーなキャンプ「グランピング」をイメージした結婚披露宴を展開するとしている。

天井や壁に草木をあしらって自然の雰囲気を演出するとしている。

同社は自宅の屋上でキャンプができるテラスの販売も全国に広げており注目されている。

 

開放的なテラスや天井や座席に草木を配置しグランピング風披露宴に。

滋賀県彦根市の結婚式場「マリアージュ彦根」で、グランピングのイメージで披露宴会場をリノベーションした。

乾燥させた藤つるの幹や植物を新郎新婦が座る背後の壁に配置したほか、天井からはフェイクグリーンを垂らして「グリーンシャンデリア」を演出したり、卓上には野花を配置したりすることで、森の中で式を挙げているような雰囲気を味わえるようになっている。

最近は華美な演出を控えめにする式を希望するカップルが多く、下見で即決することも多いそうだ。

 

グランピングって?

グランピングとはホテルのような快適な環境で行うキャンプのことで、星野リゾートが昨秋に取り入れたことから人気が高まった。

また、都内百貨店屋上や高速道路のサービスエリアにも期間限定のグランピング体験施設が登場するなど着実に広がりつつある。

東邦レオはこうしたことから、福祉施設においてもグランピングを提案していく考えもあるようだ。

10月からは自宅の屋上をグランピングができるテラスに改装する「屋上グランピングテラス」の販売地域を首都圏から全国に広げた。

発売後に約1800件の問い合わせがあったようだ。

今後もグランピングの拡大が見込まれており、様々なシーンで取り入れることを提案できそうだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

スマホの位置情報を利用し、ゲームと現実の世界がリンク?ポケモンGOは新たな革新の始まりか。

位置情報イメージ

7月から日本でも配信が始まった、スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」は、スマホを持っている世代が幅広いことから、子供だけに限らず老若男女関わらず多くの人達が遊んでいるようだ。 ただ、米国などではサービス開始から […]

詳細を見る