体操や散歩でポイント増へ。健康システムが自治体向けに。

シニア夫婦

業務用プリンターなどを手がけるサトーホールディングスはポイントカードを活用した健康増進システムを月内に自治体向けに発売開始する。

ウォーキングなどを行うことでポイントが付与されるシステムで、景品を贈呈する仕組みとなっている。

 

健康促進へ自治体向けに健康増進システムを発売。

今回サトーHDが発売する「ヘルスケアポイントシステム」は住民へ渡すポイントカードと、ポイントの発行ができるカードリーダー、参加者の動向を自治体が確認できるシステムの3つからなっている。

導入費用は400万円からで、参加者は市役所などの受付で参加を申し込むことで利用ができるようになる。

シニア層にはわかりやすいようにたまったポイントはカードに印字できるように磁気カードにしており、300回は書き換えることができるように高い耐久性を維持している。

カードは1枚100円程度で、ICカードに比べて6分の1程度となっている。

カードリーダーは1台あたり20万円弱で、公民館や市役所などに設置して、毎日歩数などを確認してポイントを発行する。

サトーHDは自治体にどんな活動にポイントを付与して、どんな景品をつけるといいかアドバイスを行う。

家にこもりがちなシニア層に外に出て体を動かすことで健康寿命を延ばすようサポートする。

運動や健康診断によるインセンティブとしてポイントを付与することを自治体は想定しており、シニア層への利便性の高いシステムであることも注目を集めているようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

できる人は知っている!正しいホームページ制作会社の選び方。

ホームページ

この記事を読もうとしているあなたは、ホームページ制作会社の選び方について真剣に悩んでいるかと思います。 上司にホームページ制作会社を探すように指示されたのか、もしくはあなた自身が事業主の方で自ら良いところがないのかと探し […]

詳細を見る

「和」が光る家。寺社の工法を活用した住宅をタマホームが発売。

屋根

タマホーム子会社、日本の森と家(東京・港)が、寺社で用いる伝統工法を応用して住宅を建てるサービスを11月から開始する。 自然素材を多く使い、合掌造りのような屋根や格子戸、土間などを使うことで「昔ながらの和の家」といった雰 […]

詳細を見る