新定番!!空港や駅で便利な座れるキャリーバッグ!!

zuca「ちょっと疲れた…。けど、座る場所は人でいっぱい。 けど床に座り込むわけにもいかない……。」そんな時に便利なのがアメリカ生まれの座れるキャリーバッグのZUCAだ。

ZUCAって?

ZUCAはアメリカのカリフォルニア州にて2004年に設立されたメーカーで、元々は子供用の通学用カートを製造していたそうだが、今回は一般用にも欲しいという要望に応えて縦型収納タイプ(プロトラベル)と横型収納タイプ(フライヤートラベル)の2種類の「座れる」キャリーバッグが開発された。どちらもシルバー、ブラックの2色展開だ。このZUCAのキャリーバッグは、座れるだけでなく非常に高いスペックを持っている。

zucaまず耐久性だが、耐荷重が136kgとなっている。ただ耐久性が高いというだけでなく、「座れる」キャリーバッグと言うだけあって天面は頑丈なアルミフレームでフラットな形状になっている。また、一般的なキャリーバッグと違う点は、大小6個のポーチが付いているので歯ブラシや着替えの服などを小分けにして収納ができるようになっている。こういったポーチは市販品で後付けの物が売られていたりするが、ZUCAの場合は専用のサイズがあったものになるので無駄がないのも特徴的だ。車輪に関しても直径10cmと比較的大きな物となっており衝撃を吸収してくれるポリウレタンが使われているので座ったときもそうだが、持ち運びする際も快適になりそうだ。

こんなシーンの際にZUCAは役立つ!

「座れる」キャリーバッグZUCAは、例えばこんなシーンの際に役立つこと間違いなしだろう。

空港でフライト時間を待っているが休憩スペースが埋まっている時や新幹線を待っている時、行列のできる飲食店で待ち時間に疲れたときなど活躍してくれる。座面の高さも51cmと座りやすい高さ。本体前方についている足もしっかりとした支えになるのでキャリーバッグが座っている時に動いてしまう心配も少ないと安心設計になっている。頻繁に出張や旅行へ行く人は試してみてはいかがだろうか。


関連記事

花粉症対策にお茶を飲むことは効果的!?

TEA

だんだんと暖かくなり春らしい陽気となってきたが、それにつれて鼻や目が花粉に襲われるようになるだろう。 酷い人だと呼吸ができなくなるくらいくしゃみが止まらないなど、花粉症の人にとっては嫌なシーズンとなっている。 その花粉症 […]

詳細を見る

デイサービス向け運動改善システム、キヤノンの「ロコモヘルパー」って?

運動機能改善フィットネス

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)は通所介護(デイサービス)向けの運動機能測定システム「ロコモヘルパー」の販売を開始したようだ。 人間の骨格を赤外線センサーで抽出して、評価基準となる運動を自動測定し、運動改善に繋げる […]

詳細を見る

「ふるさと納税」が郵便局で手軽に。

カニ

ふるさと納税はご存知だろうか。 地方自治体にお金を寄付することで特産品などをもらえるというもので、このたび、日本郵便とカカクコムが納税ポータルサイトを本格稼動させた。   7自治体で実施し、利用自治体を拡大へ。 […]

詳細を見る