機能性重視の新ブランドで無印に対抗!

かぼちゃ

カジュアル衣料大手のアダストリアは、衣料から雑貨まで幅広く取り扱う「LAKOLE(ラコレ)」を立ち上げ、大衆の需要を取り込むとしている。

機能性を重視した商品でユニクロや無印に対抗する狙いだ。

 

対象年齢関係なく取り込む!機能性重視の洋服を発信。

来年3月にラコレをデビューさせる。

ラコレでは、水をはじきやすい服や汚れに強い服のほか、重ねやすくすっきり収納できる雑貨などを提案する。

ブランド立ち上げ時は5割程度が仕入れ商品となるが、5年後をメドに全てオリジナルに変更していく。

価格はシャツで4000円程度、パンツで5000円程度となっている。

ユニクロなどと比べると若干高めの設定となっており、ニコアンドやスタディオクリップなどの雑貨を取り扱うブランドを既に手がけているが、キッチン用品やクッションなどの生活雑貨も幅広く扱うとしている。

アパレルにこだわらずに豊富な商品を打ち出すことで、様々な層を取り込む狙いだ。

無印良品についてはオーガニックというブランドイメージを持っているが、ラコレでは「トレンド感」で勝負をかける。

ベーシックなアイテムの中に流行を取り込む方針で、都会的でスタイリッシュなライフスタイルブランドとしてアピールし、商品構成から情報発信を行っていくとしている。

ラコレは対象年齢を関係なくターゲットにし、ライバルであるユニクロや無印良品と差異化を図ることで、様々な客から支持されるようになる店舗を目指す。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

関空の到着口にあるのは電動カート!!移動をサポートしてくれる!?

airport

関西空港は格安航空会社(LCC)の就航拡大で混雑が続いている中、高齢者への配慮が課題として挙がっている。 同空港では新たに電動カートを導入し、広い空港内での荷物の運搬のサポートをするほか、国際線の保安検査を優先的に通過で […]

詳細を見る