ササビーリーグのラカグが男性でも楽しめる店に。

本

ササビーリーグ(東京・渋谷)が運営する東京・神楽坂の商業施設「la kagu(ラカグ)」は「衣食住に『知』を加える」というコンセプトのもと、2014年に誕生した。

そしてこの度、紳士服や品揃雑貨などのえを増やして、女性だけでなく男性も楽しめる店舗として生まれ変わることとなった。

 

改装により男性も楽しめる店舗つくりへ。

ラカグは東京メトロ東西線の神楽坂駅前にあった新潮社の古い倉庫を再利用するというもので、衣料品や家具、生活雑貨など各分野の専門家に売り場の編集を任せるとしており「キュレーションストア」として運営する方針だ。

今回、「知」の要素の一つとして、書籍コーナーやレクチャースペースを設置しており、作家のトークショーや地域住民が参加するワークショップを定期的に開催する。

ラカグは従来は婦人服や生活雑貨といった品揃えで、どちらかと言えば女性向けの店舗といったイメージが強かった。

今回の改装で、幅広い層の消費者にアピールすることで新たな層の取り込みを狙っている。

集客目標は改装前の5~6割り増しで、実際にメンズの売り上げが伸びている。

その背景にあるのは周辺に眼鏡店が少ないというところだ。

ラカグでは「レイバン」などの有名なブランドを扱う眼鏡コーナーを新設しており、今後は検眼機も設置することで地元客の集客も狙うとしている。

この2年間で、「ライフスタイル型」の店舗は増加傾向にあるが、同社は新たな価値観を提案することで、独自性で差をつけているようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

有害なトランス脂肪酸や膨張材多数!?菓子やクッキーを食べる時は注意を!!

cookie

昭和の時代ではクッキーは手作りをされており、小麦粉、砂糖、塩、卵を原料に固めて焼くという素朴なものでしたが、今ではこのようにクッキーを家で焼くといった家庭も少なくなり、一般的に流通している菓子メーカーのクッキーを食べるこ […]

詳細を見る

ワクワク演出!!玩具がためせるスペースも!?トイザらスが訪日客にも商品拡充へ。

toy

入るとワクワクしてくるおもちゃ屋だが、さらにワクワクを演出して楽しい店内へと変貌させているのは日本トイザらス(川崎市)だ。 「トイザらス・ベビーザザらスお台場店」(東京・港)が好調となっている。   玩具を試せ […]

詳細を見る

中国で一人っ子政策廃止!?

china

1979年に一人っ子政策は中国で開始された。 人口を押さえるために行われた政策で、2人目以上を産むと罰金が科せられるというものだった。 その一人っ子政策が労働人口減により廃止が決定したようだ。   全ての夫婦に […]

詳細を見る