働く女性の足元に、シックな靴下を。機能性も追及したチュチュアンナの新商品。

女性の靴下

靴下・下着販売のチュチュアンナ(大阪市)が働く女性をターゲットにした「レディライン」が好調のようだ。

女性の社会進出が顕著になる中、デザインはもちろんだが、機能性を重視する女性が増えていることから、仕事でも使えるようなデザインのものを打ち出している。

 

オンでもオフでも使える靴下を提案。

チュチュアンナは若者向けのカジュアルなデザインの靴下を中心に販売しているが、レディラインでは白や黒といった落ち着いた色を使って、履き心地を重視したほか、発熱素材を使用するなど履き心地にもこだわった。

ビジネスシーンを想定した商品の販売はこれまでも行ってきたが、カジュアルすぎるといった声が多く、今回は「オンでもオフでも履ける靴下」というブランドコンセプトのもと、新商品を導入した。

既にインターンシップに取り組む大学生のほか、落ちついた色を好む50代の女性からの支持も集めているという。

価格は3足で税別1000円(1足は同350円)で、カジュアルな商品との違いを出すために柄にも注意を払っている。

例えば、今年はレンガのような色のテラコッタが主流で、落ち着いた柄にこうしたトレンドカラーを入れることで売り場を目立たせる工夫も行っている。

11月には無地の生地に発熱加工をした商品を発売するほか、リブ編みでウールとレーヨンを混合した生地を使うことで肌触りを良くした。

今後も働く女性の需要を取り込むために、レディラインの商品を特化していく方針だ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

マックスマーラが高級フロアへ引越し。

新宿伊勢丹

イタリアの高級ファッションブランド「マックスマーラ」が続々と売り場の移転を行っている。 百貨店の特選フロアに移ったほか、取扱商品の価格帯も厚くしており、高級化を進めて女性向け高級ブランドとしての認知度を高める。 &nbs […]

詳細を見る