大きさと美しさを両立させた女性バッグが人気!?ポーターやエースなど続々リリース。

鞄を持つ女性

バッグは大きくなると無骨になったりシンプルになりがちだが、大きさと美しさを両立されたバッグが出てきた。

女性の社会進出に伴い、仕事でパソコンや書類を持ち歩くことが増えたため、大きさとデザイン性を兼ね合わせた商品が人気となっているようで、各社は働く女性の需要を取り込むために数々の商品を打ち出している。

 

エースは新ライン「ワークスタイルビューティーズ」を立上げ。

働く女性をターゲットにした新ライン「ワークスタイルビューティーズ」はトートバッグやリュックなど12種類となっており、A4サイズのファイルが折らずに入れることができるほか、内部にはPCやタブレットなどを収納できる仕切りも設けている。

持ち手や肩ベルトといった持ち運びの際に体に負荷がかかる部位については柔らかくすることで持ち運びしやすく工夫した。

また、女性スーツはポケットが少ないことを考慮して、バッグの外側に大きなポケットを付けることで携帯電話や名刺入れの出し入れがスムーズにできるようにしている。

同社の新商品は女性社員約15人が企画し、仕事中でも女性が使いやすい機能を盛り込んだほか、デザインについてもあくまで女性目線にこだわった。

 

吉田は男女兼用の新シリーズを投入!

「PORTER(ポーター)」などで知られる吉田(東京・千代田)は、新たに男女兼用の「ポータービュー」を売り出す。

女性が使いやすいように縫い目を減らしてすっきりさせたデザインで、やわらかいナイロン素材を使うなど工夫を行った。

ショルダーバッグなど9種類を11月より展開する予定で、価格帯は2万円台後半となる予定だ。

じわじわと高まる働く女性の需要を取り込むためには、こうした女性目線の商品の開発が必須となると考えられる。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 

【関連リンク】

吉田

エース


関連記事

プロポーズは「一生もの」を使おう。男性のプロポーズを後押しするサービス続々。

婚約指輪

婚約などで指輪や余計を贈るという習慣は若者世代においても根強く残っている。 そうした中、関連企業が固定客を取り込むために知恵を絞っている。 宝飾品販売のヴァンドームヤマダ(東京・港)は男性のプロポーズを後押しする作を打ち […]

詳細を見る