ドバイで白湯ラーメンが登場!!「屯ちん」のフーデックス。

ドバイ

飲食店運営のフーデックスホールディングス(東京・豊島)がドバイに「屯チちん」を出典するようだ。

現地企業とFC(フランチャイズチェーン)契約を結ぶとしており、現在は台湾などで直営のラーメン店を運営しているほかに、海外でもFC展開を行うことでアジアを中心に海外でも100店舗を目指すとしている。

 

アジアで100店舗を目指すフーデックス。

官民ファンドのクールジャパン機構などが出資する現地企業、シファーニッポンとFC契約を締結し、ドバイで「屯ちん」を出店していく。

今後、海外向けに宗教等の観点から、豚を使わずにとんこつ風味を再現したメニュー「鳥白湯ラーメン」などを中心としたメニュー構成や出店地域などを詰めていく。

ドバイでラーメン専門店が出店されるのは初めてのことで、アジア事業を拡大していくとしている。

タイでは15年に現地企業と締結済みで、既に1号店を来年3月を目処に開店する方針だ。

また、フィリピンやインドネシアなどにも出店し、アジアを基盤に店舗網を拡大していくとしている。

海外出店においては、直営店を10店舗程度出すほか、FCで50席程度の中型店やフードコートを想定した小型店の出店を加速させていくとしている。

フーデックスの売上高は15年が45億円で、日本国内では「東京とんこつ」と称したしょうゆと豚骨を用いたスープが人気で、ラーメン店「屯ちん」などを十数店展開している。

店内や現地の自社工場で作った麺やスープを用いるのが特徴となっている。

同社はFC化で事業に弾みをつけたい考えだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 

【関連リンク】


関連記事

学校のふりかけ論争に決着

101

大阪市の市立中学校は塩分過多による国の栄養基準から外れる恐れがあることから、学校給食でふりかけの使用を認めていなかったという問題で、橋下徹市長が大阪市の教育委員会会議で「各学校の校長に一任すればよい。」との批判からふりか […]

詳細を見る

問題となる教師の長時間労働。

woman

少子高齢化により、教師のなり手不足も叫ばれており、慢性適な人材不足となっている。 中には非常勤講師として、アルバイトのように講師を雇っているという学校もあるくらいだ。 そして、その教師たちを圧迫しているのは「自発的勤務」 […]

詳細を見る