子供服も紳士服仕立てに。3世代おそろいも!?

スーツ姿の子供

子供向けの上質なジャケットや3世代でおそろいのブレザーなどを販売が加速している。

オンワード樫山やファイブフォックス(東京・渋谷)などが子供向け紳士服販売に注力しているようだ。

 

オンワード樫山は「J・プレス」で3世代を取り込む。

オンワード樫山は高島屋新宿店(東京・渋谷)で、「J・プレスハウス」を開き、米ブランド「J・プレス」のスタジアムジャンパーやポロシャツ、仕立ての良いブレザーなどを祖父・父・子3世代おそろいで着られるようにしている。

大人向けのブレザーには芯地やパターンの切り替えなど手間をかけたものが多い一方、子供向けには工程を省いて簡略化する代わりに値ごろにするのが一般的だが、同ブランドで展開する子供向けブレザーは大人のものと同様に仕立てており、価格も大人で5万5千円(税別)、子供向けが4万5千円(同)となっている。

さらに店舗の会員制度を設けて、「服育」をテーマにブラッシングや靴磨きのサービスを提供する。

 

ファイブフォックスはコムサフィユの商品を上質なものへ。

ファイブフォックスは、秋冬向け商品から百貨店向けの子供服の価格を2~3割上げる代わりに、従来よりも上質な素材を扱うとしている。

「コムサフィユ」のジャケットはなめらかな肌触りのウール素材を使っている。

今まで大衆向けに商品を展開してきたが、今後は所得の高い層向けに高級感を打ち出した商品展開を行うとしている。

 

まとめ

上質な子供服を提供するのと同時に、祖父や父親も一緒になって着ることができるおそろいのブレザーなどのジャケットは、親達の「子供にも良い服を着せたい」という需要を取り込むことにつながるとされている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 

【関連リンク】

ファイブフォックス

オンワード樫山


関連記事

50歳以上限定のシェアハウスって?

room

シェアハウスが東京など首都圏を中心に若者を中心に拡大している。 シェアハウスの利点は複数の部屋に分かれた家に数人が住むといったもので、キッチンや風呂場、トイレなどは共用であることが一般的だ。 最大の特徴は東京の中心に近い […]

詳細を見る