リーグ戦終了!今年のJリーグ入場者数ランキング!

2014年 Jリーグ(Jリーグ ディビジョン1)入場者数

*各クラブのホームスタジアム入場者総数(ビジター含む)

2014年 J1入場者総数 5,275,387人(平均17,420人)

チーム名 入場者数 平均入場者数
浦和レッドダイヤモンズ 603,770人 35,516人
FC東京 428,184人 25,187人
横浜Fマリノス 392,496人 23,088人
アルビレックス新潟 390,648人 22,979人
セレッソ大阪 367,651人 21,627人
鹿島アントラーズ 300,310人 17,665人
名古屋グランパス 284,474人 16,764人
川崎フロンターレ 283,241人 16,661人
ベガルタ仙台 257,949人 15,173人
ヴィッセル神戸 255,185人 15,011人
サンフレッチェ広島 254,951人 14,997人
ガンバ大阪 250,738人 14,749人
清水エスパルス 241,577人 14,210人
サガン鳥栖 240,323人 14,137人
ヴァンフォーレ甲府 206,904人 12,171人
柏レイソル 182,161人 10,715人
大宮アルディージャ 183,791人 10,811人
徳島ヴォルティス 151,034人 8,884人

j-league12月8日、2014年J1(Jリーグ ディビジョン1)の全試合が終了しました。圧倒的な強さで首位を独走していた浦和レッズを、ガンバ大阪が降格圏から猛烈に追い上げ逆転優勝を飾るなど、今年も多くのドラマが生まれました。

多くの人が見守った今年のJリーグですが、実際にスタジアム観戦を行った人はどのぐらいになるのでしょうか。Jリーグ公式記録から振り返ってみましょう。

首都圏クラブに次ぐ勢いの新潟

トップは今年も浦和レッズ!

入場者数トップに立ったのは、多くの熱いファンを持ち、今年も優勝争いを繰り広げた浦和レッズでした。開幕直後にサポーターの差別的な横断幕が悪い意味で話題となり、無観客試合の処分が下るなど厳しいスタートとなりましたが、今年も動員数トップの座を守りました。
 

2位はFC東京!

2位は東京のJ1クラブ、FC東京。レッズ同様に熱いファンが多い事に加え、本拠地である味の素スタジアムはアクセスが良く、それが集客に大きな効果を上げているとされています。またこのチームのサポーターは、アウェイ試合でも多く動員することでJリーグファンには有名です。
 

3位は横浜Fマリノス!

3位横浜Fマリノスは、毎年、非常に高い観客動員数を記録しています。本拠地である日産スタジアムは国内スタジアム随一の収容人数を誇っており、各種の国際試合などでも非常に有名でしょう。
 

4位はアルビレックス新潟!

4位は地方チームの代名詞ともいえるアルビレックス新潟。地域の総人口では首都圏に及ばないものの、地元の圧倒的な支持を受けています。今年はホーム最終試合が大雪で中止になったために、茨城のカシマサッカースタジアムでの代替開催となり、観客動員数に大きな影響を与えました。
 

5位はセレッソ大阪!

5位セレッソ大阪は有名選手の獲得や「セレ女ブーム」で大きく動員数を伸ばしました。チームは最終的にJ2降格となりましたが、来年以降もその動向が注目されています。
 

来年のJリーグはどうなる?

2015年のJリーグは、徳島・大宮・セレッソ大阪がJ2に降格、湘南・松本・山形がJ1に昇格となりました。この中で注目すべきは初昇格となる長野県の「松本山雅」でしょう。本拠地の入場者数はJ2トップの267,000人、平均入場者数は12,700人と、J2でありながらJ1クラブ並の高い動員を誇っています。J1に上がることで、更なる知名度向上とファン獲得が期待されます。

また、入場者数5位のセレッソ大阪が降格となることで、J2の入場者数が増えるのではないかという予想もされています。2013年にガンバ大阪が降格した際はJ2全体の入場者が1割以上増加するなど、J2は「ガンバ特需」に沸きました。今回もJ2は「セレッソ特需」を心待ちにしていることでしょう。

Jリーグの年間入場者数は最盛期の1995年に615万人を超えた後、大きく人気を落とし、一時270万人を割り込みました。しかし2002年の日韓ワールドカップによって再び注目を浴び、観客数も増加。2005年以降は560~580万人前後で推移しています。

2015年は、これまでの1ステージ制から、1年を前期・後期に分ける2ステージ制が採用される事が決定しており、Jリーグの楽しみ方も変化を迎えるといわれています。新しくなるJリーグを、これからも応援していきたいですね。

【関連リンク】
[Jリーグ公式サイト] link


関連記事

喫煙妊婦の赤ちゃんは体重が少ない!?

baby

女性が妊娠中に自ら喫煙をすることはもちろん、受動喫煙も母体に悪影響を及ぼすことが知られている。 最近の研究結果からわかったことは、妊娠中にたばこを吸い続けた場合、体重が平均して100グラム以上少ない状態で生まれるというこ […]

詳細を見る