カープ優勝で注目高まる広島。若年層の移住増加も。

厳島神社

プロ野球・広島東洋カープが四半世紀ぶりとなるセ・リーグ優勝を果たしたことで注目が高まっている広島の「暮らす場所」としての魅力について迫った。

 

都市と自然が隣接したハイブリッド空間!!

瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(呉市)は都市と自然が近接した、日本でもなかなか無い光景が広がっている。

そこに済むフリーランスの写真家、トム・宮川・コールトンさん(35)は広島の魅力を語る。

都市と自然をバランス良く楽しめることが広島の注目すべきポイントのようだ。

最近は広島に魅了されて転職をしてまで移住する若い世代も増えているようだ。

広島市の会社員、愛葉哲也さん(34)は、大学時代に政治学のゼミの旅行で広島を訪れて以来、広島に惹きつけられているという。

車で30分~1時間の範囲で瀬戸内海や山地を楽しめる環境にあり、こうしたアクセスの良さを広島の魅力として挙げていた。

東京の和菓子店に勤めていた、前田多美さん(32)は、生まれ育った大阪、東京とは違い、広島の街のスピード感が自分にあっていると話していた。

大都市のような喧騒がない環境も魅力のひとつのようだ。

今までは広島は「暮らす場所」としてのイメージが希薄だったが、徐々に認知度が向上しているようだ。

こうした地方への移住の関心が高まっているのは、40代以下の若い世代で見られており、右肩上がりで増えているという。

広島を地場とするプロ野球・広島東洋カープのファンである「カープ女子」が増加していることもあり、首都圏などに住むカープファンが、今回のカープ優勝の効果で、広島移住が加速しそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

安全な入浴法を知ってる?

bath

熱いお風呂が好きな人や半身欲が良いとされているから長風呂をしている人などさまざまだろう。 ただ、それらの入浴は本当に大丈夫なのだろうか。   消費者庁が注意喚起!!安全な入浴法って!? 高齢者を中心に冬場に目立 […]

詳細を見る