手ぶらでキャンプ!!ミニクラを使った新サービス登場。

バーベキュー

ついに手ぶらでキャンプが楽しめる時代になったようだ。

寺田倉庫(東京・品川)が専用箱で私物を預かる「ミニクラ」を使った保管サービスを拡大させており、最近ではベンチャー企業のビビット(東京・渋谷)と組んでアウトドア用品を扱うサービスを開始した。

必要なときには全国にある約100ヵ所にあるキャンプ場に届けるとしている。

 

テントなど保管し、現地へ配送。

専用箱と宅配便を使って私物を預かる「ミニクラ」のサービスは2012年から始まり、13年からはサイトや保管箱の集配、保管場所をセットにして外部に提供を開始しており、現在では次のように、各企業が様々なサービスを展開している。

協業企業 サービス内容
バンダイ 月300円からフィギュアを預かる。
エアークローゼット 洋服を月6800円で定額レンタル
ボノボ 着られなくなった子供服を交換する
モーフィング 芸術家から作品を預かり消費者に貸し出す
サマリー 月300円から雑貨や衣服を預かる

そして新たにビビットと組んでミニクラのシステムを導入し、テントやバーベキューセットといったキャンプ用品を預かるサービス「ヒナタ トランク」のサービスを始めた。

サイト経由で手続きを行い、手ぶらでキャンプ場に行って、使用後には箱に詰めてキャンプ場の管理事務所などから返送するという事も可能で、料金は1箱500円、保管料が1箱月980円となっている。

また、送料は取り出す際に1000円か1500円が発生する。

使用後には別料金でクリーニングも行うとしている。

寺田倉庫は積極的に協業を行っており、今後もこうした「ミニクラ」を利用したサービスの拡大を考えているようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

寺田倉庫


関連記事

福祉サービスを一括で対応!?

room

少子高齢化によって文字通り、子供が減り高齢者が急増している。 日本においては、子供から高齢者まで幅広い福祉サービスが用意されているが、その窓口はばらばらだ。 そのばらばらの窓口をひとつに統一しようとする動きが出ているよう […]

詳細を見る