焼肉が低価格で食べ放題!!つぼ八の新業態。

焼肉

居酒屋運営のつぼ八(東京・中央)は焼肉食べ放題の新業態を開く。

既に焼肉店「伊藤課長」を展開しており、客単価を4割下げた新業態で消費者の低価格志向に応えるとしている。

直営店でノウハウを蓄積して、来年度には店舗数を10店舗までに広げるとしている。

 

格安料金で満腹焼肉!!

つぼ八の新業態の1号店「満腹焼肉 関大前店」を大阪府吹田市に開店した。

食べ放題はランチで2コース、ディナーで3コース用意しており、コースによって選べる品数と値段を変えた。

食べ放題には無料のドリンクバーをつけており、スープやカレーなども追加料金なしで食べることができる。

ハイボールや日本酒などのアルコール類の飲み放題も1080円で用意している。

単品メインの「伊藤課長」とは異なり、学生や家族客などの需要を取り込むとしている。

「伊藤課長」との違いを明確にする一方で、ホルモンや牛タンなどの一部の食材は共通化して、仕入れのコストを抑えた。

来年度からはフランチャイズチェーン(FC)展開に乗り出して店舗網を拡大していく。

同社は居酒屋「つぼ八」など飲食店を約300店展開しており、2015年度の店舗売上高は主力の居酒屋事業が苦戦し、前年度比3.1%減の185億円となっていた。

焼肉店「伊藤課長」の業績については好調で、既存店の売上高は前年同期比約10%増で推移しているが、景気の減速と共に消費者の節約志向が高まっていることから、低価格志向の業態に追い風が吹くと判断したことから今回の出店を開始したという。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

伊藤課長

つぼ八


関連記事

SNSを利用したマルチ商法が中国で広まる。

maruti

交流サイト(SNS)の普及により、今、中国ではスマートフォン(スマホ)を使った「マルチ商法」が拡大しているようだ。 中国でのマルチ商法の仕組みは交流サイト「微信(ウィーチャット)」で顧客を勧誘しているそうだ。 実店舗やネ […]

詳細を見る

疲労度がわかるメガネがJINSから登場!!

Glasses

メガネはもはや視力矯正をする道具という枠に留まっていない。 今ではファッション性はもちろんだが、さらなる機能を兼ね揃えたものが充実している。 JINSからは新たに疲労度などを計測できるウェアラブル端末が開発されたようだ。 […]

詳細を見る