外部人材集って「発明」!!新たなまちづくりの方法。

ひらめき

「発明」による地域振興を行っているのは高知県佐川町だ。

3Dプリンターやレーザーカッターといった最新の工作機を取り揃えた「発明ラボ」でモノづくりに通じた人材を外部から招きつつ、住民参加による新たな街づくりを行っているようだ。

 

最新機器で新たな発明を!!

発明ラボは3Dプリンターを置いている「Aラボ」と、日本では珍しい米国製の木材加工機「ショップボット」を備えている「Bラボ」があり、これらの機器を使って新たな発明を行うことを目的としている。

コンピューター制御の機器を操る森川好美さんは慶応大学を卒業して以来、ラボ担当の地域おこし協力隊員として赴任している。

7月上旬に町役場から徒歩数分のBラボではヒノキが切り出されていた。

住民20人がアイデアを出し合ってイメージしたベンチの部材で、牧野公園に「みんなが集まりたくなるベンチ」を計5つ配置するとしている。

こうした地域住民参加型の企画が、発明ラボの開設後、次々と動き出している。

たとえば、小学生が木工の動物型ロボットを作る「さかわロボット動物園」や、高校生がレーザーカッターでキーホルダーを作る体験会などでにぎわっているようだ。

これらにより、新たな商品やサービスを生み出し、地域の生活を豊かにして、課題の解決に役立てるとしている。

最近では、町が地域おこし協力隊員として4人をスタッフとして採用したほか、更に開発に専念する「発明職」の隊員2人の募集も開始した。

年齢や国籍も不問で、間口を広げて人材を募集しているようだ。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】


関連記事

「駅弁味の陣」で駅弁60総選挙!?

lunch

電車で旅行する際の楽しみといえば車窓から見える景色はもちろんだが、駅弁が楽しみだという人も多いだろう。 食べてみたいがなかなか買いに行く機会のない駅弁や食べてみたことがあり、また食べたいと思う駅弁など様々あるだろう。 そ […]

詳細を見る