会員データ活用で体形タイプで婦人服企画!!

ファッション

通販各社が婦人服の商品企画やお薦めに体形や骨格の計測地を用いて、細かく対応するとしている。

体形に悩んでいることから、店舗での試着に抵抗感がある女性の需要を取り込むとしている。

 

自分の体形にあった洋服が見つかる!?新たなサービス。

米通販大手の日本法人、日本ランズエンドは婦人服「美型シルエット」シリーズで新作シャツ「身長別サイズぺティート」を売り出した。

3D計測システムのビーエム・ディーシステム(東京・杉並)と組んで、ランズエンドの顧客100人の体形を実測し、それらのデータをもとに146~154センチの女性の多い体形にあったシャツの開発を行った。

同社は今まで、身長160センチを基準に婦人向けシャツをデザインしてきたが、今回は実測データをもとにし、150センチの女性を基準にして、着丈や袖丈以外にもウエストの絞り具合などを調整し、すっきりとしたシルエットで着られるようにした。

女性の体形は、ウエストが細めでヒップや太ももが張っている「A体型」と、腹回りに厚みが合って太ももは細い「O体型」の2種類に分類し、それぞれのタイプに合わせたサイズ展開を行った。

カタログ通販大手のディノス・セシールは「セシール」の通販サイトにて、顧客の骨格データをもとに、骨格にあったファッションの提案を始めた。

サイト上では身体の質感やラインの特徴に基づいて利用者が自己診断する。

その結果によって、3つの骨格タイプに分類され、タイプに応じて全身コーディネートやガウチョパンツなどのおすすめを紹介する仕組みになっている。

体型に悩める女性のニーズに細かく対応することで、需要を取り込む狙いだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

セシール


関連記事

ANAが提供する冬の旅行キャンペーン2015!!

women

もうすぐ12月になり、年末年始は海外旅行へ行くという人で空港は溢れることになるだろう。 しかし、海外でのテロなどの影響を懸念して、国内旅行を楽しむといった人も増えることが見込まれている。 そうした国内旅行を楽しみたいとい […]

詳細を見る