アナと雪の女王の続編が制作中!?ディズニー商法が絶好調。

雪だるま

アニメのヒットs買うを起点に、テーマパークなどで収益を上げている米ウォルト・ディズニーの商法が絶好調のようだ。

「ファインディング・ニモ」の続編となる「ファインディング・ドリー」がヒットし増収となっている中、ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は、説明会にて「『アナと雪の女王』の続編を制作中」と語っていたことで注目が集まっている。

 

止まらないディズニーラッシュ!!ヒットアニメの続編制作に期待がかかる。

ディズニーラッシュが止まらない。

「ファインディング・ドリー」が営業利益に大きく貢献したようだ。

ディズニーは「ミッキーマウス」を手がけてきた本体のスタジオのほか、ピクサー・アニメーション・スタジオやマーベル・エンターテインメント、ルーカスフィルムを傘下に抱えており、飽きられたらおしまいなコンテンツビジネスの中で、大作や名作の続編や実写版、アニメ版などを入れ替わりで公開する合間に、「ズートピア」のような新作をヒットさせている。

そうした中で、説明会で語るのは「アナと雪の女王」の続編や「カーズ」の続編について制作中であることをアピールしていた。

間髪入れないディズニー商法は止まるところを知らない。

アニメを起点とし、老若男女の心をつかんできた。

最近はミッキーが元々はアニメのキャラクターであることを知らない子供も多いが、今もアニメが起点であり、ディズニーのエンジンといえる。

今後の作品の展開についても気になるところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

東京ディズニーリゾート


関連記事

北海道新幹線の運賃は2万2690円!?

snow

2016年3月26日に開業する北海道新幹線(新青森-新函館北斗)の運賃を発表した。 空路より2割弱安い値段設定となった背景には、様々な苦悩があったようだ。   北海道新幹線整備にコスト増!?JR他社新幹線より割 […]

詳細を見る

大阪労働局が正社員2万人上積みへ…

100

2014年4月から11月の間は2位の東京都を引き離して、都道府県で最多の正社員雇用率を誇る大阪府だが、さらに20,000人の上積みを狙うべく、大阪労働局は2015年1月~3月にかけて独自のキャンペーンを展開している。 雇 […]

詳細を見る