コーナンがDIY女子をサポートするワークショップを積極開催!!

コーナンがDIY女子をサポートするワークショップを積極開催!!

ホームセンター大手のコーナン商事が高槻城西店(大阪府高槻市)を2015年12月に改装オープンして以来、若者や女性でにぎわっているようだ。

その背景にあるのが、DIY(日曜大工)サービスの強化にある。

相談を受ける専門従業員を配置したほか、客が使う工具コーナーを拡大して、女性や若者のDIYをサポートするというものだ。

 

DIYのサポートで新規客層の開拓!!

改装に至った理由は、新規客層の開拓が狙いのようだ。

入り口は店内を見たわせるように高さを従来より低くして、欲しい商品郡を見つけやすいようにした。

また、従来は入り口から向かって縦方向に配置していた棚を横方向に変更し、店内奥まで動線を通すことで客の回遊性も高めることに成功した。

店舗面積は6600平米で、そのうち約130平米は客が自由に使える工作専用スペースとし、材料を購入すれば無料でのこぎりなどの道具も借りてDIYを行うことができる。

DIYやワークショップも積極的に開催しているほか、専門の従業員を配置し、客は無料で相談を受けることができるようにした。

家具作りや塗装を楽しむ「DIY女子」は増えており、材料や道具の使い方がわからないといった女性や若者のニーズを取り込むとしている。

今回、高槻店の成功を受けて、女性客を意識した店舗改装を進めており、17年2月期には37店の改装を見込んでいる。

今後、若者へDIYができるホームセンターとして、競合他社との差別化を図り、ブランド力を高めていくとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

コーナン公式サイト


関連記事