厚底やレースも!?靴のデザインにこだわるシニアが増加!!

厚底やレースも!?靴のデザインにこだわるシニアが増加!!

おしゃれは足元からという言葉があるように、靴のデザインにこだわるシニアが増えているようだ。

靴メーカーがシニア女性向けにデザインした靴を売り込む流れも出てきており、着脱しやすいショートブーツやかかとを高くした新作が目立っている。

 

歳をとってもオシャレはしたい!!シニアのニーズに応えるこだわりシューズ。

パンジーは有料老人ホーム運営のオリックス・リビング(東京・港)と共同開発したのは「poem(ポエム)」だ。

10月にショートブーツを売り出すとしており、左右の側面にはファスナーが付いており、片手でも容易に着脱できるようにし、ブーツでおしゃれをしたいシニアのニーズに応えた。

価格は税別5500円となっている。

アキレスは「アキレス・ソルボ」で、かかと部分を厚底にして高さを出して、一般的なヒールよりも歩きやすくしたシューズを発売。

価格は同1万6000円となっていた。

レース生地をあしらった華やかなシューズを提案するのは、アサヒコーポレーション(福岡県久留米市)だ。

シニア向けブランド「快歩主義」では、昨年に売り出したところ3万足が販売されたようだ。

ムーンスター(福岡県久留米市)は、牛革を使った、高級感がある質感にこだわっており、外反母趾があってもはきやすくなっている。

中敷を取り出すことも可能で、足が浮腫んだ際には取り出すことで緩和できる。

20年前までは一般的ではなかったシニア向けのデザイン性の高い靴派今後、更なる勢いで拡大していきそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

進化を遂げる調理家電「ヘルシオ」。シャープはついに電子レンジにAI搭載へ。

電子レンジ

世の中は物で溢れている。 その中に新たな商品を投入して売れるためには、他社との違いを打ち出す必要があるだろう。 それは機能面であったり値段であったりと様々だ。常に進化や進歩がないとその商品にニーズは生まれない。 健康な食 […]

詳細を見る

「ふるさと納税」が郵便局で手軽に。

カニ

ふるさと納税はご存知だろうか。 地方自治体にお金を寄付することで特産品などをもらえるというもので、このたび、日本郵便とカカクコムが納税ポータルサイトを本格稼動させた。   7自治体で実施し、利用自治体を拡大へ。 […]

詳細を見る