ノンアルコールビールがオフィスに!?サントリーが「オールフリー」の販売広げる。

ノンアルコールビールがオフィスに!?サントリーが「オールフリー」の販売広げる。

サントリービールはノンアルコールビール「オールフリー」の販売を広げるとしており、職場でのリフレッシュなど新たな飲用シーンを想定して、小型の専用自販機を企業のオフィスやレジャー施設に設置するとしている。

 

ノンアルコールビールの新たな需要開拓へ動くサントリー。

サントリーはノンアルコールビールの自販機を通常のものよりかなり小型にしたものを打ち出している。

自販機本体はサントリーが無料で貸し出すシステムで、職場の飲用については賛否両論だが、オフィスでのリフレッシュのための需要はあるとして、3月から先行してオフィスに設置を行ったところ、1ヶ月で50~70本を販売した。

価格は100円、200円、300円のうちから設置する事業者が設定することが可能となっている。

オフィス以外の設置場所候補としては、自動車で訪れることが多い商業施設やパーキングエリア、社員食堂などを想定している。

また、大規模な試飲会も行うようだ。

小売店だけでなく、キャンプ場などでも試飲会を展開し、屋外で飲んで楽しめるといった点をアピールするとしている。

2月には女性をターゲットとした美容に良いとされているコラーゲンを2千ミリグラムを含んだ「オールフリー コラーゲン」を発売し、女性の掘り起こしを行う。

元々はドライバーへのビールの代替商品として発売されたノンアルコールビールだが、新たな需要を開拓するべくオフィスでの自動販売機の無料貸し出しで収益確保を狙うとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

サントリー


関連記事

コンビ二で銀行窓口設置!?

198

パンやおにぎり、日用品に雑誌、薬まで売っているコンビ二では、宅配便や光熱費の支払いも可能で非常に便利な存在である。そのコンビ二チェーンのひとつのファミリーマートでは、新たなサービスを展開しようとしている。   […]

詳細を見る

絶滅が危惧されている赤トンボ。

Dragonfly

赤トンボといえば夕暮れに飛ぶ姿が郷愁を誘う、日本を代表する赤とんぼ・アキアカネだろう。 この赤トンボが地域によっては全く見れなくなってきているようだ。   赤トンボが少なくなったのは農薬が原因にある!? 大阪府 […]

詳細を見る