焼肉「牛繁」がベトナムへ展開!!FC方式で焼肉を発信!!

焼肉「牛繁」がベトナムへ展開!!FC方式で焼肉を発信!!

ベトナムへ海外展開を行うのは、焼肉チェーン「牛繁」を展開する牛繁ドリームシステム(東京・新宿)だ。

フランチャイズチェーン(FC)方式で1号店を出店する方針で、日本料理や焼肉への関心の高まりを受けて、海外展開を拡大する。

 

厨房スペース抑え多店舗化。焼肉文化は浸透するか!?

ホーチミン市「サイゴンセンター」内に「牛繁」の1号店が開かれる予定だ。

店舗は日本食を集めたレストランフロアの一角で、ベトナム国内にセントラルキッチンを新設して、日本から輸送したタレを使った焼肉料理を出すとしている。

現地ではセントラルキッチンの活用を行い店舗の厨房スペースを抑えて多店舗化していくとしており、狙うターゲット層は主に子供連れの家族客となっている。

ベトナム国内でうどん店「たも屋」を展開するとしている。現地企業やタカヒロ・フードとフランチャイズチェーン(FC)契約を結んで、海外出店を加速させる狙いだ。

客単価については、日本円換算で2000円超を見込んでおり、主に現地の商業施設を中心に出店を予定している。

牛繁ドリームシステムは東京都周辺の直営店を中心に約130店を展開しており、炭火を使った七輪で焼肉を食べるのが特徴となっている。

ベトナムで日本食への関心が高まっていることから、焼肉文化も受け入れられそうだ。

今後の牛繁のベトナムでの展開の加速が予想される中、展開後の売上も気になるところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

牛繁


関連記事

70歳のシニアもベテランとしてパート勤務で戦力に!!ライフやマルエツが人手不足対策。

man

少子高齢化により深刻な人手不足になりつつある。 そこで注目されてるのがシニアの再雇用だ。 既に日本全国に浸透しつつあるが、その多くは60代の現役を退職したばかりの人であることが多い。 食品スーパー大手においては、70歳以 […]

詳細を見る