タクシーで心霊ツアー。運転手の体験談でリアルに恐怖!?

タクシーで心霊ツアー。運転手の体験談でリアルに恐怖!?

タクシー三和交通(横浜市)が実施するのは、昨年に初めて行った「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」だ。

コースもいくつか分かれており、それぞれ違った恐怖体験ができるようになっている。

 

背筋凍える恐怖体験ツアーをタクシーで!!心霊スポット巡礼ツアー。

昨年は横浜で行われたタクシーでの心霊スポット巡礼ツアーだが、今年は東京でも行われるそうだ。

ツアーは全6種類で、「恐怖度」が分かれている。

最も「恐怖度」の高い高尾駅(東京都八王子市)を出発する2時間のコースでは、午後8時ごろにタクシーに乗り込み、まずは書かされるのが誓約書だ。

内容には心霊現象で「心身に異常をきたした場合主催者側に責任と問いません」といった内容のものだ。

誓約書を書き終えると、乗務員からはお清めの塩と無線室の名刺が手渡される。

1つ目の心霊スポットまでは約20分で、運転手が行き先について説明を行いながら自らの心霊体験について話をする。

深夜でも客を探して街中を走り回るタクシー運転手ならではの恐怖体験が語られ、1つ目に訪れたのは「自殺の名所で、クラクションを2回鳴らすと白い服の女性が現れる」といったところだ。

そこでは、クラクションを鳴らした後に車を降りて、歩いて橋を進むこととなる。

その後、事故が多発するというトンネルへ。軍服を着た男性の幽霊が見えると有名のようだ。

最後に訪れたのは、霊園前の電話ボックスで、誰も居ないはずだが電話がかかってくるようだ。

電話に出ないと供養にならず、女性の霊に追いかけられることになるようだ。

巡礼が終わると、名前入りの修了証を記念にもらえるようになっている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

三和交通


関連記事

奨学金返済問題。生活に大きな影響も。大阪市の子供の貧困調査。

money

日本の経済は回復に向かっているという情報も飛び交うなか、本当に回復しているのかと実感が薄いという人も多いだろう。 節制した生活をしているにも関わらず経済回復に対する恩恵を受けることができていないと感じる理由には様々あるだ […]

詳細を見る