大事件報道をスマホでライブ中継機能で行える!?

大事件報道をスマホでライブ中継機能で行える!?

スマートフォン(スマホ)の普及により非常に便利な時代となった。

その反面、時には生々しい事件の様子が配信できるようだ。

 

SNSのライブ中継機能で大事件報道!!

7月に大事件がいくつか発生した。

そのとき、現場の様子をスマホのライブ中継機能を利用して配信されていたのが、米国テキサス州ダラスの警察官狙撃事件だ。

黒人男性射殺事件を巡る講義デモのさなか、警備に当たっていた白人警察官らが狙撃され、それに対して応戦する警察官の光景が動画中継されていた。

また、その前日にはミネソタ州ファルコンハイツで、警察官からドライブ中に職質を受けた黒人男性が警察官に射殺される事件が起こっていた。

この際、射殺された男性の姿とその後の警察官の振る舞いを、同乗していた女性が一部始終を中継していた。

これらは、SNS(交流サイト)のライブ中継機能を利用しており、ツイッターは昨年「ペリスコープ」という動画による生中継機能を提供し、フェイスブックも同様の「ライブ」という機能を提供開始した。

個人はもちろん、報道機関やイベント主催者らによる利用も進んでいるようだ。

このライブ機能は、こうした事件の様子を個人が撮影し、生中継をすることで世界中に配信できる一方、ライブ機能が犯罪に利用されることも想定されている。

テロや犯罪の宣伝塔となる懸念は緊急の課題といえるだろう。

いかにこうしたリスクを抑えつつ、生中継のツールを普及させるか、今後の展開に注目していきたい。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ツイッター

フェイスブック


関連記事

絶滅が危惧されている赤トンボ。

Dragonfly

赤トンボといえば夕暮れに飛ぶ姿が郷愁を誘う、日本を代表する赤とんぼ・アキアカネだろう。 この赤トンボが地域によっては全く見れなくなってきているようだ。   赤トンボが少なくなったのは農薬が原因にある!? 大阪府 […]

詳細を見る

ATMの手数料を無料にする方法とは!?

money

いざという時に先立つものがなくては何もできない。 ATMでお金を口座から利用時間外に引き出そうとすると、多くの場合は手数料がかかってしまう。 低金利時代の現代においては、銀行口座にたとえば1千万円を貯金しても年間利息はた […]

詳細を見る