FC展開を加速させる「からやま」。100店舗目指し出店。

FC展開を加速させる「からやま」。100店舗目指し出店。

とんかつ店の「かつや」を運営しているアークランドサービスホールディングス(HD)は、から揚げ店「からやま」のフランチャイズチェーン(FC)展開を加速させて、2019年までに100店舗にするとしている。

 

異なる顧客層で影響は最小限に!?出店加速する「からやま」。

からやまは14年に1号店を開店し、現在は首都圏の直営店を中心に11店舗を展開している。

FC店の1号店は埼玉県に出店し、今後はFC展開のノウハウを蓄積して、年間20店舗以上のペースで出店するとしている。

同店のから揚げは特性のタレに漬け込んだものを、揚げたての状態で出すのが特徴で、ジューシーな味わいとボリューミーな食べ応えが人気となっている。

から揚げ単品の量り売りや弁当類など、持ち帰りメニューも充実させており、4割以上が持ち帰りを占めているそうだ。

かつやの主な顧客が40代の男性なことに対して、からやまは女性や家族連れが多く、自社競合の影響は最小限に抑えられるとしている。

アークランドサービスHDの臼井健一郎社長は100店達成後は500店体制も視野に入れているそうだ。

コスト面については、かつやと同じ建材を使うことで出店コストを抑えて、一部の食材の調達や備品については、かつやと共有化することでコスト削減に繋げるとしている。

ノウハウについてはBAN FAMILYを15年に買収した際に、から揚げも持ち帰り店「からあげ縁-YUKARI-」のノウハウを生かしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

地方銀行で人材の相互受け入れが検討開始。子育て世代の支援!?

info36

輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会(仮) 地方銀行64行は、行員が配偶者の転勤などに伴い退職せざるを得なくなった場合、希望があれば転居先にある別の地銀で働くことが出来る仕組み作りで連携を行うと発表しました。 千葉銀行・ […]

詳細を見る