コーヒーができる過程も楽しめる!?UCCの業務用コーヒーマシン。

コーヒーができる過程も楽しめる!?UCCの業務用コーヒーマシン。

UCC上島珈琲(神戸市)は、業務用マシンに注力しており、コーヒーができあがるまでの過程を楽しめるようにしたようだ。

 

飲んでおいしい、見て楽しい!!UCCのコーヒーマシン。

3つの丸い光る窓からは青から緑、さらに水色へと色がどんどんと変わり、そこから見えるタンクの中では時折ポコポコと水泡が上がっている。

UCCの「ドリップマスター」は、プロのハンドドリップを再現しつつ、その過程を演出するマシンで、抽出に合わせて光の色が変わる仕組みになっている。

特に薄暗い雰囲気の店内では、その存在が際立っており、20~30代の若者が多く訪れるオシャレなカフェやレストランから支持されているようだ。

また、同様に光を使った「光サイフォン」も急激に需要を伸ばしており、光による熱を利用してコーヒーを沸かすという仕組みで、ムードを重視している喫茶店に好評を得ているという。

コーヒー専用のサーバーも注目を集めている。

ビールサーバーにヒントを得て開発した「アイスブリュードコーヒーサーバー」は、赤坂エクセルホテル東急(東京・千代田)の改装を機に導入されており、目立つため客の目線が自然とカウンターに向くようになっている。

UCCの提供するマシンは、飲食店による体験提供の一つとして利用されているようで、スターバックスコーヒージャパンにおいては、抽出中にスタッフとゆっくり会話ができる店作りを進めるとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

UCC


関連記事

SNSを利用したマルチ商法が中国で広まる。

maruti

交流サイト(SNS)の普及により、今、中国ではスマートフォン(スマホ)を使った「マルチ商法」が拡大しているようだ。 中国でのマルチ商法の仕組みは交流サイト「微信(ウィーチャット)」で顧客を勧誘しているそうだ。 実店舗やネ […]

詳細を見る