夏場の生焼け肉や刺身による食中毒になるNG行為。

夏場の生焼け肉や刺身による食中毒になるNG行為。

7~9月は気温が高く、菌が繁殖しやすい時期です。

そのため1年のなかでも細菌性の食中毒の発生が最多になるとして、注意が必要となっています。

さて、食中毒になるNG行為はどういったものがあるのでしょうか。

 

食中毒にならないためにも、これには気をつけよう!!

食中毒を防ぐためには次の三原則がある。

(1)付けない

食品に触れる前に手をしっかりと洗う。

食品を扱う際には手ではなく箸などを使い調理する。

肉や魚を切った包丁やまな板は熱湯で消毒してから使う。

(2)増やさない

最近が増殖する高温多湿は避けて、冷蔵庫などに冷やせるものは冷やしましょう。

肉、魚などを購入したらできるだけ早く帰宅して冷蔵庫に入れる。

(3)やっつける

肉や魚はしっかりと中心部まで加熱をして菌を死滅させましょう。

肉は75度以上で1分以上の加熱をして、中心部の肉の色が変わるくらいにしましょう。

 

食中毒にかかりにくくするにはどうすればいいの?

食中毒菌が体内に入ったとしても発症しない人が中には居ます。

その差は「免疫力」の強弱にあるといえます。

「食べすぎ」「肉食過剰」「運動不足」「疲労」「睡眠不足」「ストレス」などは、ウェルシュ菌やブドウ球菌などの悪玉菌を増殖させて腸内に有害物質をつくることとなり、結果的に腸内の免疫力を低下させることとなります。

腸内の善玉菌を増やすためにも、次のものを意識して食べると良いでしょう。

(1)納豆、味噌、醤油、漬物などの発酵食品。

(2)豆類、野菜、こんにゃく、果物などの食物繊維。

(3)白ワイン、黒ビールなどのアルコール。

普段からの食生活に気をつけて健康に今年の夏も乗り切りましょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

世界遺産の登録の意味と登録の流れ

98

よくテレビなどで「○○が世界遺産に登録されました。」というニュースを耳にすると思うが、一体どのような流れでどのような意味があって登録されているのか知らないという人も多いのではないだろうか。 世界遺産とは 主に遺跡や自然な […]

詳細を見る

働く女性の足元に、シックな靴下を。機能性も追及したチュチュアンナの新商品。

女性の靴下

靴下・下着販売のチュチュアンナ(大阪市)が働く女性をターゲットにした「レディライン」が好調のようだ。 女性の社会進出が顕著になる中、デザインはもちろんだが、機能性を重視する女性が増えていることから、仕事でも使えるようなデ […]

詳細を見る