高級ランドセルブーム!!臨時休業する店舗も!?

高級ランドセルブーム!!臨時休業する店舗も!? bag

高級ランドセルが売れている。

メーカーの鞄工房山本(奈良県樫原市)が来春入学向けにランドセルの販売を始めたところ、想定していた以上の客が殺到し、インターネット通販では1時間でランドセル全てが完売したほか、奈良と都内の店舗では5~6時間待ちといった状態が続くほどの人気となっていたようだ。

 

ネット通販へ切り替えも検討!?ランドセルブームに客殺到。

同社はネット通販中心のランドセル販売に切り替えることも想定しているようだ。

同社の想定以上の客の殺到で長時間待ちの状態により混乱が生じたほか、実店舗の営業を2日で休止したということからだ。

発売日前日の下見の日においても奈良本店(橿原市)の来場客数は約2250人と、昨年のピーク時の4倍以上の客が押し寄せていた。

発売当日には行列は例年以上を記録し、銀座店(東京・中央)では500人が来店するといった事態になっていた。

この混乱の要因のひとつにはネット通販の商品が昼前には既にほぼ売り切れ状態となっていたことがある。

そこで交流サイト(SNS)では店舗に行けば在庫があるとして客が店舗に殺到したようだ。

整理券を配布したが、列に並んでいた客は友人や親戚の子供の分も含めて携帯電話などで連絡をとって確認し、申込書を記入するなど注文処理が進まず午後5時半閉店予定の本店では最後の客が店を出たのは午後10時となっていた。

翌日は初日以上の客が来店し、中には徹夜組も表れるなど想定外の人数となり、警備員を確保できず、販売員も整理要因として動かざるを得ない状態となった。

こうしたことから、実店舗での販売は困難として3店とも休業に踏み切ったという。

来年以降の対応としては実店舗はショールームとして活用し、実際の注文は同社の通販サイトや郵便で受け付ける方針へ変更するという。

「本物」志向の台頭で来年以降もランドセル人気が続くとみれられており、入学向けのランドセルを来春は2千本多い1万5千本を生産し対応するようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

鞄工房山本


関連記事

水道代を年間1万円以上節約する裏技!

info81

毎月の光熱費が結構バカにならないなんてことがよくありますね。特に家族が多ければ多いほど顕著に数字として現れるかと思います。その中で、水道代を節約する裏技がありました。 小さなことをコツコツと。小さな工夫で大きな節約をしよ […]

詳細を見る