たんぱく質の摂り過ぎは無害!?

たんぱく質の摂り過ぎは無害!?

たんぱく質を摂取する目的として筋肉をつけることや、体重を減らすために意識している人も居るでしょう。

たんぱく質は摂り過ぎると体に良くないといった風潮がありますが実際のところどうなのでしょうか。

 

必要量より多く食べてたんぱく質を大丈夫!?

実はたんぱく質は必要量以上摂取しても無害のようだ。

体重1ポンド(453グラム)あたり0.36グラムのたんぱく質が大多数の人にとって充分な量となっています。

食生活で本当に必要なたんぱく質の量は、必要量以上のたんぱく質を摂っており、男性で1日平均98グラムを、女性で1日平均68グラムのたんぱく質を摂取しており、年配の人や10代の女性の場合は必要量が下回っている人も多いようです。

平均してみると必要量より多くのたんぱく質をとっていますが、それより少なく食べているより良いことです。

体重1ポンドあたり0.36グラムのたんぱく質を摂ることをキログラムの単位に置き換えると、1キログラムあたり0.8グラムは最低でも摂ることが望ましいといえます。

よく運動する人や体重を減らすことを目的とする人は必要量より多めに摂ると良いでしょう。

たんぱく質を摂ることで摂取カロリーも自ずと増える!?

たんぱく質を必要量以上に摂っても体に害はないでしょう。

しかし、たんぱく質を食べることでアミノ酸を獲得しますが、余分に余った分は体の部位を作ることには使われなくなります。

そしてたんぱく質から出てきたカロリーは蓄積されることとなりますので注意が必要です。

 

自分にとっての適量を見つけることが大切!!

健康な人にとって、たんぱく質の摂取量の制限はないため、自分で適量を見極めることが重要になるでしょう。

自分の運動量を知って最低限必要なたんぱく質の量を探しましょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

プライベートブランドが魅力の雑貨専門店「フランフラン」「プラザ」などが注目を集めている!!

キャンドル

生活雑貨専門店が自主企画(PB)商品の売り込みを強化している。 生活雑貨の「フランフラン」や輸入雑貨の「プラザ」は仕入れ販売にとどまることなく、独自性を打ち出して顧客を掘り起こすとしている。   フランフランは […]

詳細を見る

外国人カップル京都挙式で証明書発行!?

180

訪日外国人観光客が増えていくなか、外国人から人気の京都では、市内で結婚式を挙げた外国人カップル向けに記念の結婚証明書の発行を始めた。 狙いは外国人観光客増加。「京都婚」でアピール! 京都市内で行った際に京都市長から発行さ […]

詳細を見る