最近話題の記憶媒体、SSD!用途に合わせて賢く使おう!

パソコンやその周辺機器を揃える際、最近よく目にするのが「SSD」という言葉です。「SSD搭載の新型パソコン!」などという宣伝文句も珍しくありません。それでは、この「SSD」とは一体何なのでしょうか。

ソリッドステートドライブ[Solid State Drive]

Solid State DriveSSDは「ソリッドステートドライブ」の略称であり、デジタルデータを記憶する為の装置のことです。機能としては従来のHDD(ハードディスクドライブ[Hard DiskDrive])と変わりません。HDDとの大きな違いは、「データの読み込みが早い」「衝撃に強い」が挙げられます。HDDはその名前に「ディスク」と入っている通り、硬い円盤に磁気を利用してデータを保存します。データの読み込みには円盤を回転させて目的のデータ箇所に辿り着く必要がある為、どうしても回転時間が必要になります。

一方のSSDは電子的にデータの保存・読み込みを行う為、物理的な時間がほぼ必要ありません。その為、HDDに比べて動作が高速になるのです。
また物理的に動く部分が無いので衝撃や振動に強く、動作音もありません。こうしたメリットから、SSDは急速な広がりを見せています。

ネックは何と言っても値段

HDDに比べてメリットが大きいと思われるSSDですが、課題も多く存在します。一番のネックは、やはり値段と記憶容量の釣り合いでしょう。

製品によって幅はあるものの、現在のSSDは1TBで5万円前後と非常に高価格です。一方のHDDは1TBであれば1万円前後のものが多く、3TBでも2万円に届かない製品が存在します。またSSDのいわゆる「売れ筋」は512GB前後であり、全体的にHDDに比べて高価格・小容量なのです。一方のHDDは1TB~3TBが主流であり、6TBを超える製品も登場しています。
大量のデータを保存したい場合は従来通りHDDに軍配が上がります。データ量は多くないので動作の速さを優先したいと考える場合はSSDが向いているといえるでしょう。

SSDであれHDDであれ、それぞれの特性とメリット・デメリットが存在します。自分の使い方やデータ容量に合わせた記憶媒体を選ぶ事が大切です。

パソコンの周辺機器は日々進化を続けており、SSDも今後更なる容量増加・低価格化が期待されています。一般層への普及には価格面の壁を破る必要がある為、これからの推移が注目されます。


関連記事

調剤薬局チェーンがイメージチェンジ!?デザインに配慮した環境作り重視へ。

paper

調剤薬局チェーンは、患者に選ばれる薬局を目指して、調剤薬局チェーンが居心地が良くなるように読書コーナーを設けるほか、木目調の落ち着いたデザインにするなどして患者に安心感を与える環境づくりを行っている。   調剤 […]

詳細を見る

夏の朝方勤務対象者が22万人!?

suit

最近テレビでよくいわれている「ゆう活」が7月1日より始まった。 この「ゆう活」とは、安部晋三首相が呼びかけで国家公務員を対象に行われることとなった朝型勤務のことで、全国家公務員51万人のうち4割強にあたる約22万人が実施 […]

詳細を見る