埼玉県、渡来人の歴史で町おこしを。観光需要高まるか。

埼玉県、渡来人の歴史で町おこしを。観光需要高まるか。

朝鮮半島の高句麗(こうくり)から日本へ移住した渡来人が居住地をひらいた、高麗郡(こまぐん)の建郡から1300年経ったことから、埼玉県日高市や地域の人々が、これらを地域おこしや観光につなげようと活動を行っているようだ。

 

パレードなど渡来人に関するイベントで観光客を呼び込む埼玉県。

「古代歴史ロマンで地域づくり」として、日高市と一般社団法人の高麗1300などが主催する「渡来人の里フォーラム」では古代装束をまとってパレードや市内外にPRするとして周辺地域と歴史を楽しめる環境づくりを進めるとしている。

高麗郡の歴史を地域の活性化にどう生かすべきか議論し、今回のイベントが開催された。

定員800人の会場には市外から訪れた半数の人たちを含め、満員となり大盛況となっていた。

「続日本紀」などによれば、高麗郡は高句麗から日本に派遣された「光来王若光」が郡司となり、高句麗の滅亡後に日本に渡って関東一円に散っていた高麗人を日高市周辺に集めて建郡したとされている。

今年は市主催の記念祭に、韓国からの来賓も含めて市内外から2万5千人が参加した。

案内板の多言語表示など観光施策を進めて、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて韓国をはじめとする訪日外国人観光客の誘致も加速したいと考えている。

高麗1300では、東京で渡来人ゆかりの地域団体を集めた「渡来人の里サミット」を開催するほか、ハイキングコースを紹介するガイドブックも作製する予定で、今後さらなる盛り上がりを見せそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

関西花火大会特集2015!!

hanabi

梅雨が明けたころから本格的に蒸し暑くなってきたら夏本番だ。その頃になると各地では花火大会が開催される。 今回は特に花火大会が集中する関西の花火大会スポットについてご紹介する。   8/8(土)開催:淀川花火大会 […]

詳細を見る

カード決済がようやく全店導入へ…。

213-300x200

日本においてクレジットカードは普及してきたといえど、まだまだ積極的に使っている人は海外と比べると少ないだろう。 現金支払いをする人が多く、宅配物の受け取りについても荷物の受け取りと同時に支払う代金引換による決済がほとんど […]

詳細を見る