スポーツ愛好家が集まる「ヴィクトリアワードローブ」がリニューアルオープン!!

スポーツ愛好家が集まる「ヴィクトリアワードローブ」がリニューアルオープン!!

スポーツ愛好家の聖地とされているのは、ゼビオホールディングス傘下のスポーツ用品販売大手ヴィクトリアは、東京・千代田にある旗艦店「ヴィクトリアワードローブ」をリニューアルオープンしたことで注目が集まっている。

 

ナイキとのコラボ商品も続々。スポーツ愛好家の聖地がリニューアル!!

同店はグループ最大規模の店舗となり、NIKEとのコラボレーションスペースやメジャーリーガーも愛用している寝具が販売されるなど都内初のコーナーで溢れている。

リニューアルオープン後は、A館から野球やサッカーといったチームスポーツ品を新たに出店したB館に移し、A館ではランニングやテニス、水泳といった個人スポーツ用品を販売する。

店舗コンセプトは「アスリートの聖地」だ。

店舗デザインを担当したのは同社の営業本部営業企画グループ笹本治リーダーだ。

B館の目玉は3階のバスケフロアで、都内初となるNIKEとのコラボレーションスペースとなっている。

A館4階にはリカバリーコーナーを設置して、身体機能を回復させるアイテムを取り揃えた。

現代のアスリートはトレーニングと同じくらい休養を大事にしていることから、機能マットレス「エアー」をスポーツ用品店として初めて展開するなど話題となっている。

エアーは特殊な構造で人が横になったさいにかかる腰の負担を分散できる仕組みになっており、アスリートに人気の商品となっている。

リカバリーコーナーの対面には若者に人気の米アンダーアーマーを首都圏最大のスペースで運営する。

店舗の近くには大学のキャンパスが密集しており、人気スポーツアイテムやメーカーで若者を取り込む考えだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ヴィクトリア


関連記事

関西に移住促進の動きが活発に!?

osaka

東京の人口一極集中が問題となっている。 その波は関西にも及んでおり、少子高齢化や住民流出が問題となっている。 そうした中、各自治体は移住強化の支援策を打ち出しているようだ。   和歌山は最大250万円補助決定! […]

詳細を見る