カレーショップC&C事業を沿線外に拡大!!レストラン京王の動き。

カレーショップC&C事業を沿線外に拡大!!レストラン京王の動き。

京王電鉄子会社のレストラン京王(東京都府中市)は、主力のカレー店「カレーショップC&C」を沿線外に拡大するとしている。

少子高齢化で沿線人口が減少しつつあり、沿線外で集客を行うことで収益を確保する考えだ。

 

高単価メニューも取り揃え幅広いニーズに対応!!

東京ビッグサイト(東京・江東)で「カレーショップC&Cダイニング」が開業した。

主力の駅中より席数が多く、看板メニューのスペシャルカレーはハンバーグや温野菜、エビフライを載せて1300円だ。

通常の駅中のC&Cより高めに設定しているほか、国内外からの集客を見込んで、牛タン焼き定食などカレー以外のメニューも充実させた。

東急田園都市線の中間林間駅直結の商業施の設「エトモ中央林間」では、牛しゃぶカレーうどんなどカレー付きの朝定食など限定メニューをそろえた。

海外展開も行っており、中国・上海には海外2号店が出店予定となっている。

高級感のある内装やメニューを採用しており、今後はフランチャイズチェーン(FC)での展開も検討している。

京王が沿線外で店舗の展開を進めるのは、沿線人口の増加が見込めないことが理由で、今後年に2~3店舗の割合で出店計画を行っている。

私鉄では小田急電鉄のレストラン子会社、ジローレストランシステム(東京・渋谷)が高級イタリア料理店「ダノイ」2店を取得し、沿線外の東京都港区や中央区に開拓していくとしている。

今後は沿線外でも競争が加速しそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

カレーショップC&C


関連記事

阪急宝塚沿線で介護のお仕事に挑戦♪大阪と兵庫のコラボ説明会

info17

大阪府の北部から兵庫県の南東部に跨る「北摂地域」は、全国的に有名な千里ニュータウンなどの高度経済成長期に開発されたベッドタウンを擁する地域ですが、近年は初期入居住民の高齢化に伴う少子高齢化という課題を抱えています。 20 […]

詳細を見る