アスリートや就活生にゼリー飲料サンプル配布が広がっている!!

アスリートや就活生にゼリー飲料サンプル配布が広がっている!!

ゼリー飲料を手がける食品各社は、ターゲットや用途を絞り込んで売りこみを強化するとしている。

ゼリー飲料は夏場に需要が高くなるが、秋口になると鈍化することから、秋以降も飲んでもらえるようにユーザーにアピールをしていく。

 

ゼリー飲料サンプル配布で消費者へアピール!!

明治は「即効元気ゼリー」シリーズのサンプルを就活生が集まる合同企業説明会で配布し、就活中に飲んでもうひと頑張りしたい時に飲むことを定着させたい狙いだ。

「速攻」シリーズは食事の代替として使われているゼリー飲料で、シェアトップの森永製菓「ウイダーinゼリー」シリーズと比較すると認知率は下がる。既存ユーザーは30~40代に集中していることから、より若い層を狙う。

大塚製薬は「カロリーメイトゼリー」シリーズを、一般人の「アンバサダー」を通じて情報発信を行っており、商品を送ってツイッターやフェイスブックなどのSNS(交流サイト)に投稿してもらうことで若年層へのPRを強化している。

味の素は「エクストリーム系」と呼ばれているトライアスロンやフルマラソンなどハードなスポーツの競技者向けに大会で配布するとしている。

いずれも長時間の運動となるため、アスリートの用途に合わせてアミノ酸を配合したゼリー飲料を提案する。

明治によれば、2015年度のゼリー飲料市場は拡大傾向にあり、10年ごろをピークに落ちていたが再び復調している。

この機に各社は新たな顧客確保を狙うとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

明治

味の素


関連記事

子供の誤飲事故に注意!!

194

小さい子供は身の回りにあるものは全て口に入れる習慣がある。そのため、昔から、おもちゃなどの小さなプラスチック製品の誤飲が非常に多い。最近では、とある品目が最多となった。   増える薬の誤飲事故 1979年度から […]

詳細を見る

ついつい誤って使いがちな日本語はこれだ!!

newspaper

日本人が普段何気なく使っている日語は世界で最も難しい言語だといわれている。 当の日本人ですら実は読み方を間違って使っている人が多い言葉が意外とたくさんあったりする。 ついつい誤用してしまう日本語にはどのようなものがあるの […]

詳細を見る