「モスバル」って!?モスバーガーが「ちょい飲み」を展開!!

「モスバル」って!?モスバーガーが「ちょい飲み」を展開!!

モスフードサービスは、生ビールやワイン、つまみ類などを提供するサービス「モスバル」の展開を開始した。

実験的に全国の14店舗に導入しており、顧客の反応を見ながらメニューなどの検証を進めるとしている。

 

夕方からバルに変身!!モスバーガーの新業態「モスバル」とは。

午後3時以降、モスバーガーの一部店舗では「モスバル」へと変身する。

大崎店(東京・品川)や芝大門店(千葉県柏市)、吉川美南店(埼玉県吉川市)など郊外の店舗でも実験的にサービスを行っている。

提供するアルコール類は生ビールのほかに赤・白のグラスワインを1杯390円で提供しており、つまみ類には「チリポテト」など4種、「モスチキンの特性サルサソースがけ」などを用意する。

いずれも既存の調理設備で作れるので、追加で大きな投資はかからないようだ。

ただ、一部の店舗では新規設備投資を行い、高単価のメニューも試験的に導入するという。

検証は秋ごろまでを予定しており、最終的メニュー構成を決めるとしている。

「モスバーガー」の時間帯別の売上比率は全体の約4割が昼の時間帯となっており、午後6時以降は3割ほどとなっている。

そこで、今回の「モスバル」で夜間の需要を取り込んで、ハンバーガーと共に提案を行い、20~30代の女性を中心に夜の利用を促すとしている。

競合他社の「フレッシュネスバーガー」は同様のサービスを「モスバーガー」より先行して行っているが、夜間の売上が伸びており、「ちょい飲み」需要は高いと見られている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

モスバーガー

フレッシュネスバーガー


関連記事