「モスバル」って!?モスバーガーが「ちょい飲み」を展開!!

「モスバル」って!?モスバーガーが「ちょい飲み」を展開!!

モスフードサービスは、生ビールやワイン、つまみ類などを提供するサービス「モスバル」の展開を開始した。

実験的に全国の14店舗に導入しており、顧客の反応を見ながらメニューなどの検証を進めるとしている。

 

夕方からバルに変身!!モスバーガーの新業態「モスバル」とは。

午後3時以降、モスバーガーの一部店舗では「モスバル」へと変身する。

大崎店(東京・品川)や芝大門店(千葉県柏市)、吉川美南店(埼玉県吉川市)など郊外の店舗でも実験的にサービスを行っている。

提供するアルコール類は生ビールのほかに赤・白のグラスワインを1杯390円で提供しており、つまみ類には「チリポテト」など4種、「モスチキンの特性サルサソースがけ」などを用意する。

いずれも既存の調理設備で作れるので、追加で大きな投資はかからないようだ。

ただ、一部の店舗では新規設備投資を行い、高単価のメニューも試験的に導入するという。

検証は秋ごろまでを予定しており、最終的メニュー構成を決めるとしている。

「モスバーガー」の時間帯別の売上比率は全体の約4割が昼の時間帯となっており、午後6時以降は3割ほどとなっている。

そこで、今回の「モスバル」で夜間の需要を取り込んで、ハンバーガーと共に提案を行い、20~30代の女性を中心に夜の利用を促すとしている。

競合他社の「フレッシュネスバーガー」は同様のサービスを「モスバーガー」より先行して行っているが、夜間の売上が伸びており、「ちょい飲み」需要は高いと見られている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

モスバーガー

フレッシュネスバーガー


関連記事

台湾で増える日本のアウトレットモール。「日本発」で勝負をかける。

アウトレットパーク

体験や思い出といった「コト」を重視する消費者が増えている。 台湾ではアウトレットモールの出店が相次いでおり、三井不動産系の「三井アウトレットパーク 台湾林口」(三井林口)では、物販や外食を含めて「日本」を打ち出すことで差 […]

詳細を見る

ワクワク演出!!玩具がためせるスペースも!?トイザらスが訪日客にも商品拡充へ。

toy

入るとワクワクしてくるおもちゃ屋だが、さらにワクワクを演出して楽しい店内へと変貌させているのは日本トイザらス(川崎市)だ。 「トイザらス・ベビーザザらスお台場店」(東京・港)が好調となっている。   玩具を試せ […]

詳細を見る

国家公務員の「ゆう活」の結果は!?

yugata

今年の夏の国家公務員には「ゆう活」が実施されていた。 このゆう活は、朝早くに出勤する代わりに、夕方早々に仕事を終えて時間を趣味や家での時間に活用するとったものだったが、その結果はいかなるものだったのだろうか。 &nbsp […]

詳細を見る