カフェ併設の本屋が増えている!?購入前の書籍も持ち込み可能!!

カフェ併設の本屋が増えている!?購入前の書籍も持ち込み可能!!

本が好きな人にはたまらないだろう。

最近、カフェを併設している本屋が増えているようだ。

仕掛けているのは、日本出版販売やトーハンで、10店がオープンしている。

 

本とカフェの相性。様々なイベントも開催!?

カフェ導入や取次ぎの支援も。

取次ぎ導入支援とコーヒーチェーン店の違い

取次ぎによる導入 コーヒーチェーン店
2,000マン~3,000万円 初期投資 4,000万~6,000万円
・初期ロイヤリティーが低い

・一時的に営業を止めて、書籍と連動したイベントと開催できる

特徴 ・コーヒーチェーン店の知名度がある

・バラエティーに富んだドリンクやフードメニューを提供可能

(注)費用は100㎡の場合。

東京都内の立川市にあるオリオン書房ノルテ店は100㎡をカフェに改装した。

カフェでは書籍を題材にしたイベントも開催することがあり、英語学習書「やさしい英語日記」とコラボしたイベントでは、来場者と作者の石原真弓さんが英語日記に挑戦していた。

この導入を支援したのは日販で、店舗設計や食材提供会社の紹介のほか、アルバイトの教育も行うという。

伊勢治書店ダイナシティ店(神奈川県小田原市)はトーハンの支援を受けて、オリオン書房と同様に100㎡をカフェに改装した。

トーハンの場合は初期投資が100㎡で2700万円からということで、大手コーヒーチェーン店のフランチャイズチェーン契約と比べて半額以下で開店することができる。

電子書籍が普及するなか、紙の書籍の人気は根強く、買った後も購入前にもカフェに持ち込んですぐに読むことができるとして今後、人気は続いていきそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

日本出版販売

トーハン


関連記事

体操や散歩でポイント増へ。健康システムが自治体向けに。

シニア夫婦

業務用プリンターなどを手がけるサトーホールディングスはポイントカードを活用した健康増進システムを月内に自治体向けに発売開始する。 ウォーキングなどを行うことでポイントが付与されるシステムで、景品を贈呈する仕組みとなってい […]

詳細を見る

福祉サービスを一括で対応!?

room

少子高齢化によって文字通り、子供が減り高齢者が急増している。 日本においては、子供から高齢者まで幅広い福祉サービスが用意されているが、その窓口はばらばらだ。 そのばらばらの窓口をひとつに統一しようとする動きが出ているよう […]

詳細を見る

親子で楽しめる!プラモデル感覚2輪車「ストライダー」って!?

169

最近の子供はスマホを与えればずっとスマホを持って室内で遊んでいる。外で誰かと遊ぶわけでもなく、子供と物の間で完結してしまい、親など他社が入り鋳込む余地がない状態となっている。そんな中、親子で楽しめるプラモデル感覚の2輪車 […]

詳細を見る