好きな具材をつかって世界に1つだけのちゃんぽんを!!

好きな具材をつかって世界に1つだけのちゃんぽんを!!

自分だけの、世界で1つしかないちゃんぽんを作ったことはあるだろうか。

リンガーハットは、客が具材を選べるようにした専門店を出店したことで話題となっている。

 

好きな具材を選べてmyちゃんぽんをつくれる専門店!!

リンガーハットの新形態の専門店は、料理の具材を自分で選ぶことができ「myちゃんぽん」の専門店を出店した。

リンガーハット葛飾新宿店(東京・葛飾)では、イカやホタテなどの海産物や、チンゲン菜などの葉物野菜キノコ類など約30種類の具材を組み合わせることでオリジナルのちゃんぽんや皿うどんをつくることができる仕組みになっている。

店内に設置されたショーケースから具材を選び、従業員が基本具材と共に一緒に料理する。

同社は現在、この制度を4店舗に導入しており、導入店舗には普通の店舗には売上が増加傾向にあることから需要が見込めると判断した。

今後、導入拡大を検討しているという。

顧客志向の多様化に合わせたサービスを行う動きはファストフードにも広がっている。

スターバックスコーヒージャパンでは、このほど自社専用のスマホアプリを導入しており、同社では混ぜ合わせるミルクの種類や、チョコレートなどトッピングの注文時に選ぶことができるようになっており、オリジナルの組み合わせを楽しめるようになっている。

日本マクドナルドにおいては、7月上旬までの期間限定で、具材を有料で追加するサービスがあり、チーズバーガーなど定番の注文をする際にハラペーニョ、クリームチーズソース、スモークベーコンなど3つのトッピングを選んで追加することができるようになっている。

選ぶ手間を嫌う消費者も多く、いかに定着させるかが重要となると考えられている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

リンガーハット

 


関連記事

春一番ってなんで台風や木枯らしのように「○号」ではないのか?

134

台風8号、木枯らし1号などと、台風や木枯らしについては「○号」とつけられるのに対し、春一番はどうして「○番」なのだろうか。 春一番って? さて、先ほどの答えですが、木枯らし1号は気象庁の職員が作った言葉であり、台風でも馴 […]

詳細を見る