コンビニ業界、合従連衡ファイナルラウンドへ。

コンビニ業界、合従連衡ファイナルラウンドへ。

コンビニ大手3社が営業益の増減がはっきりと明暗がわかれた。

2015年に増益を確保できたのは、セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマートで、ローソンは6.1%の減となっていたが、それぞれ16年度も1000店前後の新規出店を継続する見込みで、業界再編と寡占が進み流れになりそうだ。

 

コンビニ業界の現状。

コンビニエンスストア大手3社の15年度の国内における新規出店数合計は300店舗超で、ファミマは前年度より大幅に減らしていた。

しかし、ココストアの買収やサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(HD)との経営統合も正式に決定するなど活発に活動を行っていた。

16年度の店舗数の単純合算はセブンと変わらない規模となっている。

コンビニは14年度は消費増税の影響で苦しむ結果となったが、15年度から序所に復調した。

セブンにおいては引き続き好調で、ローソンやファミマも既存店売上高は好調な結果となっていたが、新規出店や商品開発、新たなサービスに積極投資しているなか、中堅以上のチェーン店は思うように投資ができず業績が悪化した。

ローソンにおいてはスリーエフと業務提携を行い、北関東が地盤の中堅コンビニエンスストアのセーブオン(前橋市)がフランチャイズチェーン(FC)契約を結んだため、その一部がローソンに切り替わることになる。

中堅コンビニの店舗がこのように大手に吸収されることで、日本のコンビニの勢力図が大手3社で埋まっていくことが予想されている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

セブン-イレブン・ジャパン

ファミリーマート

ローソン

 

 


関連記事

2100年には世界人口100億人超に!?

famiry

日々、世界中で人口が増え続けている。 国連は世界の人口が2100年には112億人に達するといった報告書を発表した。 世界では人口は増え続けているようだが、少子高齢化が深刻な問題となっている我が国ではどのようになるのだろう […]

詳細を見る

中高年ライダー取り込み。全天候対応の高級ライダージャケットが人気!!

bike

最近急激に増えているのが経済的に余裕のある中高年が再びバイクを楽しむといった「リターンライダー」だ。 そうした需要を取り込むために、ゴールドウインはバイク愛好家用の高級ジャケットを拡充して3月から春夏用の製品を売り出すと […]

詳細を見る

東京ディズニーランドではもう待てない!?

gyouretsu

夢の国といえば、やはり東京ディズニーランドではないだろうか。 大人から子供まで幅広い層に人気で、いつも演出には他のテーマパーク以上とも言っても過言ではない程の工夫を凝らしている。 しかし、この東京ディズニーランドが、今年 […]

詳細を見る