コンビニ業界、合従連衡ファイナルラウンドへ。

コンビニ業界、合従連衡ファイナルラウンドへ。

コンビニ大手3社が営業益の増減がはっきりと明暗がわかれた。

2015年に増益を確保できたのは、セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマートで、ローソンは6.1%の減となっていたが、それぞれ16年度も1000店前後の新規出店を継続する見込みで、業界再編と寡占が進み流れになりそうだ。

 

コンビニ業界の現状。

コンビニエンスストア大手3社の15年度の国内における新規出店数合計は300店舗超で、ファミマは前年度より大幅に減らしていた。

しかし、ココストアの買収やサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(HD)との経営統合も正式に決定するなど活発に活動を行っていた。

16年度の店舗数の単純合算はセブンと変わらない規模となっている。

コンビニは14年度は消費増税の影響で苦しむ結果となったが、15年度から序所に復調した。

セブンにおいては引き続き好調で、ローソンやファミマも既存店売上高は好調な結果となっていたが、新規出店や商品開発、新たなサービスに積極投資しているなか、中堅以上のチェーン店は思うように投資ができず業績が悪化した。

ローソンにおいてはスリーエフと業務提携を行い、北関東が地盤の中堅コンビニエンスストアのセーブオン(前橋市)がフランチャイズチェーン(FC)契約を結んだため、その一部がローソンに切り替わることになる。

中堅コンビニの店舗がこのように大手に吸収されることで、日本のコンビニの勢力図が大手3社で埋まっていくことが予想されている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

セブン-イレブン・ジャパン

ファミリーマート

ローソン

 

 


関連記事

ついつい誤って使いがちな日本語はこれだ!!

newspaper

日本人が普段何気なく使っている日語は世界で最も難しい言語だといわれている。 当の日本人ですら実は読み方を間違って使っている人が多い言葉が意外とたくさんあったりする。 ついつい誤用してしまう日本語にはどのようなものがあるの […]

詳細を見る

アクションに、アングルに、チープさに!個性派カメラ色々!

170

安価で高性能なデジタルカメラが普及し、一般の人でもそれなりに美しい写真を撮影出来る様になった現在、別方面から写真にアプローチするカメラが話題を読んでいます。 個性派カメラ色々 スポーツやツーリングをしながら、臨場感のある […]

詳細を見る