朝にとれた離島の魚を新鮮なうちに空輸で店へ!?

朝にとれた離島の魚を新鮮なうちに空輸で店へ!?

離島への新鮮な魚を消費者へ届ける取り組みへの関心が高まっており、空港便を活用して、離島で朝にとれた魚を小売店や飲食店に届けるとしている。

 

CSN地方創生ネットワーク、店に魚を空輸開始!?

CSNネットワーク(東京・大田)は、店に魚を空輸することで、朝にとれたばかりの新鮮な状態の魚を提供するとしている。

仕入先は北海道から沖縄と全国に広がっており、特に離島でとれた魚を重視するとしている。

流れとしては、漁業者や漁協から水産物を仕入れて、羽田空港に集荷され、消費者へ発送される仕組みだ。

同社は漁業者が設定した売価の3割程度を得るとしている。

中間流通を少なくすることで、トレーサビリティー(追跡可能性)を確保するとしている。

水産物は、スーパーで販売されている野菜のように名前や写真が提示されることがないというのが一般的だが、近年の食の安全への意識の高まりから、こうしたサービスを望んでいる消費者も多いと見ている。

離島の魚については、大消費地から遠く、輸送と費用がかかっていたが、同社は漁師にかけあって早く漁に出てもらうなどで即日配送を実現した。

また、港から先の輸送は全て同社が行うほか、航空会社と直接契約して多くの荷物を運ぶことでコストを抑えた。

今後は輸出にも注力していく方針で、農産物の加工販売を手がける和郷(千葉県香取市)の鮮魚・農産物輸出事業を統合することも発表した。

同社は離島の魚の販売も可能にすることで、漁業や地域活性化に繋げるとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

CSN地方創生ネットワーク


関連記事

コンビ二で銀行窓口設置!?

198

パンやおにぎり、日用品に雑誌、薬まで売っているコンビ二では、宅配便や光熱費の支払いも可能で非常に便利な存在である。そのコンビ二チェーンのひとつのファミリーマートでは、新たなサービスを展開しようとしている。   […]

詳細を見る

人は天気によって感情が変わる!?

141

天気によって人間の感情が左右されることがあるのだろうか。よく曇りの日や低気圧が近づいていると頭痛を訴える人は居るが、感情にも何かしら影響を及ぼすことがあるのだろうか。 天気の変化で重度な病気になる可能性も… 段々と肌寒く […]

詳細を見る

全国で最低賃金の引き上げ開始!

info26

地域別最低賃金の一例(時間額) 平成26年10月より、全国で最低賃金の改定が開始されました。10月1日から26日にかけて順次改定され、最低賃金は従来よりも13円~21円引き上げられることになりました。厚生労働省は特設サイ […]

詳細を見る