電子辞書とスマホの連携で学習の進捗を確認!?

電子辞書とスマホの連携で学習の進捗を確認!?

カシオ計算機が新たに、電子辞書とスマートフォン(スマホ)との連携を進めるとしており、電子辞書での英語学習の進捗をスマホアプリでも確認できるようにするとしている。

 

スマホと電子辞書で学習状況の連帯感をアップ!?カシオの電子辞書。

カシオは新たにスマホと電子辞書「EX-word(エクスワード)」を連携させるアプリ「クラブエクスワード」を公開した。

電子辞書にQRコードを表示させて、スマホで読み取る仕組みをとっている。

どの単語を調べたかなどの学習履歴をスマホに表示するとしており、クリックすると、単語の使い方を動画解説を再生することで従来の電子辞書ではできなかった学び方を体感できるようになっている。

電子辞書に直接通信機能を持たせなかった理由としては、電子辞書の約6割は学生向けであり、電子辞書自体に通信機能を持たせることで内容が改編されないか学校側が心配するからで、また、スマホと連携させることで利用者どうしをつなぐことになるため、アプリの公開に至った。

また、6月下旬より「イングリッシュトレーニングジム」という英語学習の進捗状況を確認できる電子辞書の機能を使えるようにするとしている。

電子辞書では自分の達成度のみが確認できるようになっているだけだが、アプリでは学年ごとにユーザーの平均の進捗度を表示できるようになっており、比較することで学習のモチベーションが上げられるようになっている。

スマホには既に辞書や学習用アプリが多く公開されており、競合が多数居るが、同社は逆転の発想でスマホと連携することで電子辞書の購買意欲を高めるとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

CASIO-カシオ

カシオ-電子辞書


関連記事

生活保護の不正受給件数が過去最多更新。一方不正受給額は減少

148

日本における最後のセーフティネットと言われている生活保護は、経済的に困窮している国民に対して国や自治体が保護費を支給する制度です。社会的弱者にとって大変重要な制度ですが、金銭が直接関係することから、制度の開始から現在に至 […]

詳細を見る

「和」が光る家。寺社の工法を活用した住宅をタマホームが発売。

屋根

タマホーム子会社、日本の森と家(東京・港)が、寺社で用いる伝統工法を応用して住宅を建てるサービスを11月から開始する。 自然素材を多く使い、合掌造りのような屋根や格子戸、土間などを使うことで「昔ながらの和の家」といった雰 […]

詳細を見る