子供の遊び場が無料!?若いママを応援する百貨店!!

子供の遊び場が無料!?若いママを応援する百貨店!!

買い物をしたいが子供がいるので飽きるとうるさくなるなど、子育てに色々な悩みを抱えている人は多いだろう。

そんな悩みを解決してくれる施設が、近鉄百貨店が上本町店(大阪市)で大規模改装を行い現れた。

 

若いママ需要を取り込む近鉄百貨店の戦略。

今まで主力顧客は50歳以上だったが、近年では高層マンションなどの開発が進み、30~40代の子育て世代が増えてきていることから、改装後はベビー用品専門店で誘致するほか、子供向けの遊び場を無料で開放することで子連れママをターゲットに需要を取り込むとしている。

改装で売場の中心に玩具のボーネルンドが手がける広さ33平米の子供用の遊び場を設けたとした。

今では何も買わずに遊びにくるだけの人も居るようだが、そもそもフロアに足を運んでもらうことが狙いであるため問題ないようだ。

今回の改装のきっかけとなったのは、ポイントカード保有者のマーケティングを行ったことからで、同店では50歳以上への販売が約8割を占めており、30~40代が1割程度だったが、3年ほど前から急激にシェアが増え、2~3割を占めるようになった。

そこで、さらに需要を取り込むために決まったのが、大きな遊び場を設けることで、無料の大きな遊び場を設けることで店への滞在時間をもっと延ばせると考えた。

離乳食を温める電子レンジや食事スペースも設けることで居心地の良さにもこだわった。

フロアにはミキハウスが展開する幼児用品専門店や、絵本売場など専門性の高い見せも入れることで、コアなファンの開拓も視野に入れている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。 】

【関連リンク】

近鉄百貨店 上本町店


関連記事

阪急宝塚沿線で介護のお仕事に挑戦♪大阪と兵庫のコラボ説明会

info17

大阪府の北部から兵庫県の南東部に跨る「北摂地域」は、全国的に有名な千里ニュータウンなどの高度経済成長期に開発されたベッドタウンを擁する地域ですが、近年は初期入居住民の高齢化に伴う少子高齢化という課題を抱えています。 20 […]

詳細を見る