梅雨の時期を楽しむ、雨の日限定の演出やサービスを!!

梅雨の時期を楽しむ、雨の日限定の演出やサービスを!!

雨の日というのは憂鬱な気分になるものだ。

梅雨の時期は特に気がめいりそうになるが、そういうときほどレジャー施設に出向いてみてはどうだろうか。

天候の影響により集客が落ち込まないように、雨の日対策に力を入れているところが多いようだ。

 

TDLやシーパラダイスで雨の日限定イベントを楽しもう!!

東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(TDS、同)では園内のゲームショップにおいて、TDLの「ジャングルカーニバル」と、TDSの「アブーズ・バザール」のゲームに挑戦して失敗することで、雨の日限定でてるてる坊主の形を模したミッキーとミニーのピンバッジをもらうことができるほか、夜になると「ナイトフォール・グロウ」といった雨の日の夜限定のパレードを行っている。

横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)は梅雨入りから梅雨明けまでの間しか見られない動物のパフォーマンスを用意するとしている。

アシカの仲間のオタリアが雨具を使った演技を初めて公開するとしている。

ハウステンボス(長崎県佐世保市)は今年から、「Yahoo!天気」で、佐世保市の降水確率が40%以上にも関わらず、3時間以上滞在して雨が降らなかった場合は、無料でポンチョをプレゼントするとしている。

昨年無料で配布した際には、5色のカラフルな色合いが女性に受けたそうだ。

こうした屋外レジャー施設は、屋内レジャー施設にも影響を与えているようで、サンリオピューロランド(東京都多摩市)では、6月末まで雨の日限定で入園料を割引サービスを行っていた。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

東京ディズニーランド

東京ディズニーシー

八景島シーパラダイス

サンリオピューロランド


関連記事

ノンアルコールビールがオフィスに!?サントリーが「オールフリー」の販売広げる。

beer

サントリービールはノンアルコールビール「オールフリー」の販売を広げるとしており、職場でのリフレッシュなど新たな飲用シーンを想定して、小型の専用自販機を企業のオフィスやレジャー施設に設置するとしている。   ノン […]

詳細を見る