おむつの「メリーズ」品薄解消へ。試供品の実演も。

おむつの「メリーズ」品薄解消へ。試供品の実演も。

一時期、訪日外国人による「爆買い」による国内でのあらゆる商品の品薄が発生していたが、その品薄を解消されたことから、幼児用紙おむつ「メリーズ」の販売を強化するとしている。

6月に新商品の投入と共に全国で試供品の配布も行う。

 

より通気性アップしたメリーズ。他社との差異化でブランドイメージ訴求なるか。

新商品の投入に際し、店頭でも商品の性能の向上をアピールするために実演を総合スーパーなどで実施するほか、メリーズのキャラクターのウサギの巨大ぬいぐるみとの撮影イベントを開くなどで新商品をアピールしていく。

吸収帯の形状が従来品と変わっており、通気性をアップさせて湿りがちなおむつの通気性をよくする技術を導入した。

シェアはユニ・チャームに次ぐ2位につけていおり、最大手のユニ・チャームはパンツタイプの大型商品を投入して存在感をさらに高めているようだ。

今後、花王の「メリーズ」に関しては国内での品薄状態にようやく解消される目処がたってきたため、誰でもいつでも購入ができる状態を整えて、シェア拡大を進める。

中国では同製品は「高級紙おむつ」として知られており、特に日本製の人気は高く、中国人による爆買いで品薄の解消はなかなかされなかったため、一部の店舗では「お一人さま1点限り」など購入数量制限を行っていたこともあった。

花王は越境EC(電子商取引)を開始し、現地で日本製メリーズの正規販売を開始したことで買占めの抑制につながり、日本国内での品薄が解消されるようになったようだ。

今後、シェアトップを目指し新商品の販売を拡大していく方針だ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

花王株式会社

ユニ・チャーム


関連記事

花粉症対策にお茶を飲むことは効果的!?

TEA

だんだんと暖かくなり春らしい陽気となってきたが、それにつれて鼻や目が花粉に襲われるようになるだろう。 酷い人だと呼吸ができなくなるくらいくしゃみが止まらないなど、花粉症の人にとっては嫌なシーズンとなっている。 その花粉症 […]

詳細を見る