朝ごはん用ポテチ!?牛乳味にトースト味で新たな食シーンを開拓へ。

朝ごはん用ポテチ!?牛乳味にトースト味で新たな食シーンを開拓へ。

湖池屋(東京・板橋)の主力商品であるポテトチップスを朝食用に売り込むために新たな商品の導入を開始した。

今までうすしお味、のり塩味、コンソメパンチ味など様々な種類のポテトチップスを発売してきたが、スナック菓子市場での消費者の取り込みは厳しくなっており、朝食用として牛乳味やトースト味の新商品を発売した。

 

東京都内のホテルでは朝食バイキングのメニューにも!?

ホテルメトロポリタン(東京・豊島)のレストラン「オールデイダイニング クロスダイン」の朝食バイキングメニューに朝食用ポテトチップスが先行投入される予定となっている。

味は「ポテトチップス トースト味」「同 りんご味」「同牛乳味」の3種類だ。

同社のスナック菓子のメーン購入層は20~40代の男性だが、ホテルのメニューとして提供することで女性や訪日外国人などとの接点をつくり新たな需要開拓を行う狙いがある。

2015年5月には「もも味」「バナナ味」の2種類を投入しており、その際には斬新さとサッパリ食べられることから10~20代を中心に売れていた。

今回の新商品の「トースト味」は、北海道産バターを使用しており、パッケージの裏には「あんことマーガリンをのせると小倉トースト風」などアレンジレシピが掲載されている。

30日の販売に先駆けてオンラインショップでは2,000箱限定で「第4の朝食お試しセット」の予約を行った。

実際の販売後の売れ行きが気になるところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事