限定感でシニアの需要を取り込む!!ワンランク上の旅行をあなたに…。

限定感でシニアの需要を取り込む!!ワンランク上の旅行をあなたに…。

日本旅行はシニア層に向けて、予約が困難なホテルに泊まれるツアーなど限定感を押し出したツアー「極みの旅」を本格販売するとしている。

海外旅行を含める上質な旅を求めるシニアの需要を取り込む狙いだ。

 

「極みの旅」の名に恥じぬ内容!?シニア向けツアー商品。

日本旅行の店頭で本格的に販売されるようになった「極みの旅」だが、人生経験が豊かで旅慣れしており、目が肥えたシニア層をターゲットに、限定感をアピールすることで集客する。

たとえば国内旅行においては主要国際首脳会議(伊勢志摩サミット)の会場となる「志摩観光ホテル クラシック」に宿泊できる商品があり、海外旅行では水槽で泳ぐ魚の姿を客室で楽しめる、シンガポールで人気のホテルに泊まる商品もそろえた。

それぞれ希少性、限定感のある商品内容となっており、中部地域に泊まる一般の旅行と比較して3倍程度の金額となるが、付加価値をアピールすることで集客を実現する。

今回の「極みの旅」はグループの販売店のほか、ネット販売にチャネルを絞っており、直販することで、顧客ニーズをつかみ積極的な販売強化が可能になるとしている。

また、「極みの旅」以外にも希少性の高いユニークな旅行商品も強化するとしており、ロケット打ち上げの見学や全国各地の祭り巡りなど特定目的型商品(SIT)の販売にも注力するようだ。

少子高齢化が嘆かれている現代では、増える高齢者の需要を獲得する動きも目立っており、今後もこうした動きが加速していくと見られている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ついつい誤って使いがちな日本語はこれだ!!

newspaper

日本人が普段何気なく使っている日語は世界で最も難しい言語だといわれている。 当の日本人ですら実は読み方を間違って使っている人が多い言葉が意外とたくさんあったりする。 ついつい誤用してしまう日本語にはどのようなものがあるの […]

詳細を見る