JINSが独自の眼鏡雑貨を販売する新店舗を出店!!

JINSが独自の眼鏡雑貨を販売する新店舗を出店!!

格安でレンズ付き眼鏡が買えることで有名な眼鏡専門店「JINS」を運営しているジェイアイエヌは、オシャレな若者を呼び込むために独自の眼鏡雑貨を販売する新業態の店舗をオープンした。

 

ファッション性の高い眼鏡雑貨を販売するJINSの新業態とは!!

3月にオープンしたJINSの新業態「rim of jins」(リムオブジンズ)はオリジナル色の眼鏡のほかに、ケースやチェーンなどの眼鏡関連雑貨を多く取り揃えており、ファッション性の高い商品でオシャレな若者の需要を取り込むとしている。

セレクトショップや時計店が集まる駅ビル「ルミネ2」(東京・新宿)の4階にオープンしており、店の鏡で眼鏡姿を確かめ合う若いカップルでにぎわっていることが多いようだ。

今回の新業態の出展については、今まで眼鏡をファッションの一つとして着用する人が増える中、眼鏡雑貨専門店がなく、デザインに好みがある人は今までは雑貨店で別途購入していたことから需要が高いと推測したことで出店を決意したようだ。

店舗のデザインにもこだわっており、ロゴは黒色で目立たないようにして、天井をむき出しにしたほか、木目調の什器を配置することで落ち着いた雰囲気にした。

従来の人気商品「クラシック」のほか、ルミネの客層に合わせたファッション性の高いオリジナル商品を展開している。

陳列方法についても工夫が施されており、従来店と違い、眼鏡を縦に積まずに、眼鏡を広げて陳列するなどして手にとりやすくした。

値札もテンプルにつけることで、試着した際の視界をクリアになるようにしている。

雑貨に関しては120種類と豊富で、眼鏡拭きやケースのほかにTシャツやマグカップも販売している。

眼鏡と雑貨を合わせて買う人が多く、想定以上の売上となっているようだ。

今後、顧客の声を踏まえながら2号店の展開を図る。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

親子で楽しめる!プラモデル感覚2輪車「ストライダー」って!?

169

最近の子供はスマホを与えればずっとスマホを持って室内で遊んでいる。外で誰かと遊ぶわけでもなく、子供と物の間で完結してしまい、親など他社が入り鋳込む余地がない状態となっている。そんな中、親子で楽しめるプラモデル感覚の2輪車 […]

詳細を見る

ミラーが無い車が実用化!?

mirror

自動車の常識がIT(情報技術)により覆ることになった。 ミラーがない車の実用化に向けて開発が進んでいるそうだ。 自動車部品の「世代交代」が加速をしているようで、今後の流れに期待が集まっている。   IT時代で変 […]

詳細を見る